pixta_17335577_XL

いつから身につけるのが正式?結婚指輪をつけるタイミングとは?


結婚指輪は結婚式や入籍に合わせてオーダーするのが一般的ではないでしょうか。
結婚が決まれば余裕を持って注文しにいくカップルも多いので、予定よりも早めに届いた場合には、すぐにでも身につけたいと思うのは当然かもしれません。
でも、結婚指輪なのだから結婚後に身につけるのがベストなのでしょうか。
またいつから身につけるのが正しいのでしょう。

結婚式まで待つというが大多数の意見

すでに結婚した夫婦に聞いたアンケート結果によると、やはり「結婚式までは身につけない」というのが多いそうです。

結婚式で指輪の交換をすることを、神聖な儀式として考える人が多いのです。
その時までは、身につけないという考えが、やはり昔から浸透しているのでしょう。

それまで誰も身につけていない「新しい指輪」を神様の前で交換して「結婚」を誓い合いたいと考えるのかもしれませんね。

また、今では結婚式の順番も変わってきていますよね。
結婚式をせずに入籍をするカップルだって多いです。
その場合には、籍を入れてから結婚指輪をするのだそうです。

「結婚式」や「入籍日」を基準に考える人が一般的のようですね。

結婚しても毎日は身につけないという人も

結婚指輪は「結婚後は身につける」のが一般的となっています。
二人の結婚を誓い合った証の指輪なので、毎日のように身につけたいと考える人が多い一方、さまざまな事情で結婚指輪をはめないケースもあります。

それは「職業柄」という理由が多いのだとか。
特に男の人はデスクワーク以外だと、指輪を傷つけてしまうからという理由で、仕事の時にははめないケースもあるようです。
それに、男性は基本的にアクセサリーをもともとしませんよね。
そのため、なんだか慣れない・・・などと結婚指輪をしない男性もいます。

結婚後に購入するカップルもいる

結婚式をしない・・・というカップルは、先に入籍を済ませて、結婚後に買いにいくこともあるようです。
このような形も一つの愛の形ですよね。

必ず結婚前に準備しなければいけないものではないので、こういった一風変わった考えも二人で決めたのなら問題ないでしょう。

いつからという決まりはない

一般的には結婚式に交換する、入籍後に身につけるという考えが定着しています。

しかし、これは「必ず」ではありません。
結婚式の前に身につけていたって、結婚式が終わってから身につけなくても、問題視されることはないのです。

指輪については、二人で決めて話し合って、お互いに納得した時から身につけるのもいいのではないでしょうか。

結婚指輪はとても重要で二人の愛を示すには欠かせないものです。
でも、決まりはないので、二人の価値観と気持ちを大事にしていきましょう。