happy young couple in jewelry store

こんな選び方はマズイ!?トラブルをの予感がする結婚指輪の選び方


結婚した証である結婚指輪はとても大切なもの。
結婚という幸せなものを形で表現できるもののひとつでもあり、結婚式に間に合わせるように、二人で選ぶことになります。
ただ、結婚指輪選びは結構難しく、二人の意見が対立してしまうことも少なくありません。

意見の相違から、結婚前に二人の間に気まずい空気が流れてしまうと、今後の結婚生活に響いてしまって大変です。

このようなトラブルにならないために「絶対にやってはいけない選び方」について、お話ししていきます。

デザイン重視で選ぶのはNG

普段、宝石店に行く事はあっても、結婚しなければ結婚指輪のコーナーはなかなか見る機会がないものですよね。
結婚を決めてから二人で行くと、どれもこれも素敵に見えることでしょう。

そこでよくやってしまいがちなのが、外見だけでデザインを選んでしまうこと。
結婚指輪は、オシャレのためにつけるものではありません。
外出の時だけにつけるものであればデザインを重視してもいいのですが「日常的につける」ということを考えて選ぶことが重要です。

仕事や家事の時に邪魔にならないか?、婚約指輪と重ねづけする時に隙間の感じはどうか?など、総合的に考えて選ぶようにしていくことをお勧めします。

女性まかせにするのはNG

男性は「キミの好きな指輪でいいよ」と優しい気持ちで彼女の意見を優先してしまうかもしれません。
実は、女性の考えだけで結婚指輪を決めるのはあまりよくありません。
結婚指輪をはめるのは女性だけでなく、男性も同じです。
男性の中には「職業柄、普段は結婚指輪をしない」という方もいるでしょうが、基本的には結婚指輪は男性にも普段からはめてもらいたいと願う女性は多いです。

特に、男性は外で人に見られる時間も長く、人の目に触れる機会が多いものです。
そのため、女性の感覚で結婚指輪を選んでしまうと「つけるのが恥ずかしい」などという男性も増えてしまい、夫婦げんかのもとにまで発展してしまうのです。

結婚指輪を選ぶ時には、二人とも日常的につけるということを意識して選ぶのが大事です。

周囲の意見に流されて選ぶのはNG

女性にとって、結婚指輪は特別なもの。そのため「人から見られたい」「褒められたい」というように、周囲を意識してしまうことが多いようです。

そのため、あまりにも高価なものを選んでしまったり、デザインの変わっているものを選んでしまうと、結局普段はつけるのを躊躇してしまうことにもなってしまうのです。

結婚指輪は日常的につけるものとして、周囲の意見や評判を考えずに、二人にとって付け心地が良くいられるものを第一に考えて選ぶようにしましょう。