結婚指輪の相場や選ぶ時の注意点とは?


結婚するにあたって準備するもののひとつに「結婚指輪」があります。
二人で今後身に着ける大切なものですから、慎重に選んでいきたいものですよね。

では、結婚指輪の相場とはいったいどのくらいなのでしょうか。

結婚指輪の相場ってどのくらい?

さまざまな宝石店を見ていると、結婚指輪と一口にいっても多くの種類と金額があると分かるでしょう。

実は、価格帯もさまざまなので、どれを選ぶべきか迷う人も多くいます。

標準的な結婚指輪はプラチナの指輪と言われています。ブランドは海外の一流ブランドのものもありますし、日本の高級ブランドのものもあります。
しかし、それらは実はあまり金額に幅がないことが多く、どちらもだいたい近い値段で購入できます。

近年言われている相場は、指輪1本について10~15万円前後という価格。
結婚指輪は2本必要ですから、相場としては20~30万円という価格帯がおおよその額となっています。

似たデザインでもブランドによって価格が変わる

結婚指輪を実際に見ていると、デザインが似ているものも多く見られますよね。
しかし、よく見るとブランドによって価格がそれぞれ違うことも多いです。

これにはさまざまな理由が隠されています。

ブランドごとに広告費が違う

誰しも知っているようなブランドは、もちろん多くの広告費をかけていますよね。知名度が高いのは、たくさんの広告の賜物といえるでしょう。
また、たくさん広告するということは、多くの人権費が必要になります。
その分、指輪自体に広告費が含まれてしまうのは仕方がありませんよね。

職人の質が違う

有名なブランドですと「ブランド名」という大きなものを背負っているので、一流の職人に指輪を製作してもらうことになります。
一口に「指輪職人」といっても、その腕の技量はレベルが全く違います。

つまり「腕の良い職人」が作った有名ブランドの指輪は、その分の費用がかかるということになります。
ただし、一般人としては、その違いがあまりよく分からないというのが本音かもしれませんね。

デザインや材料の質が違う

結婚指輪にはさまざまなデザインがあります。
一見、似たようなデザインと思っても、装着する人の付け心地にこだわったデザイン性を持つのは、やはり有名ブランドのもの。

安いものだと、あまりこだわりを持たない場合が多いです。

また、高い結婚指輪は材料にプラチナ・ゴールドがふんだんに使われています。
安いものだと薄く、これらがあまり使われていないケースが多々あります。
素人には品質を見分けるのが難しいですが、カラット数が多ければダイヤモンドの量が多いということになるので、一つの目安となるでしょう。

オーダーメイドも人気

セミオーダーでは10~15万円、フルオーダーでは10~35万円と
価格帯には幅があるのが現状です。
しかし、二人だけの世界にひとつしかない指輪を作ることができるので、近年注目されているようです。

結婚指輪は長くつけるものを意識して

あるアンケート調査によると結婚指輪の金額で約2割の人が10~12万円の結婚指輪を購入しているようです。
つまり、二人分の平均額はだいたい25万円くらいが相場となっています。
ただし、約1割未満の人が5万円前後の指輪であることも確認できていますので、価格の平均は二人分で10~25万円くらいというのが相場と言えます。

結婚指輪は長い間装着するものです。
そのため、「安さ」を優先せずに、質の高いものを選ぶことが大切となります。
安いことにこだわり過ぎて、質が悪いものを選んでしまうと、結局後で傷みによって買い直ししなければいけないケースもあります。

また、ある程度の金額を出しているのにもかかわらず、品質の悪い結婚指輪を買ってしまうこともあります。

結婚指輪を買う時は、価格・デザイン・ブランドというさまざまな観点から、後悔のないように二人でじっくり選んでいきたいものですね。