結婚指輪の下見をスマートにするために知っておきたいチェックポイント


一生のうちに一度の結婚。
結婚に向けて二人でたくさんの準備をします。
準備を進めていくと、何度も「初めて」にいきあたります。
一生に一回の結婚ですから、何度もの「初めての経験」があって当然です。

そんな中に「結婚指輪選び」があります。

結婚指輪を選ぶ時の注意点やポイントなどについてまとめてみました。

指輪を下見に行きたい!行く前に考えるべきこととは?

幸せな結婚に向けての準備は、本当に楽しく幸せなものですよね。
いろいろと二人で準備していくことで「夫婦になるんだ」という実感がわいてくるものでしょう。

そして、結婚指輪の下見にも二人でジュエリーショップを訪れることになります。
その際に決めておきたい事柄がいくつかあります。

予算はいくらにするか

おそらく、店頭ではお店の人に予算を確認されます。
この時に、二人の意見がまとまっていないと、スムーズに指輪が決められませんので事前に考えておきましょう。

だいたいの予算から、お店の人がいくつかの候補を出してくれることになります。

デザインは?どのブランドがいいか

事前に「このブランドがいい」「こんなデザインがいい」ということを二人で話し合っておくと、店頭で選ぶ時の基準となって決めやすくなります。

ジュエリーショップは何店舗回るべき?

結婚指輪は値段が高額となるものです。
そのため、ある程度の店舗数を回って、自分の気に入ったものに出会うようにするのがお勧めです。

1店舗だけで決めずに、数店舗まわってみると、自分達にぴったりのものが選べるでしょう。

また、結婚指輪は購入したら終了というものでもありません。
購入後にメンテナンスも大切となってくる貴金属です。
そのため、アフターフォローもしっかりしてくれる店舗の見極めも重要です。

店舗に行くときの注意点はある?

実際に店舗に行く時には、いついっても良いという訳ではないのです。
実は、適した時間帯があります。

それはむくみのある時間帯である「夕方」です。
むくみのない時に試着してしまうと、むくんだ時にはその指輪がきついということになります。
少しむくんだ状態の時に付け心地の良い指輪が結婚指輪としてベストとなります。

自分が気に入ったものを探すには試着してイメージを掴もう

店頭にはたくさんの指輪が並んでいます。
目で見て確認するのは大事ですが、これから長い間つけていくことになるものです。

気になったものがあったら、どんどん試着していくといいでしょう。
その中で絞り込んでから最終的に二人の結婚指輪を決めるといいですね。

一般的に試着する指輪の数は、10本前後ということ。
大切な指輪選びですから、お店の人も温かい気持ちで応えてくれるでしょう。

妥協しないで納得のいく指輪選びをしたいものですね。