絶対知っておきたい!婚約指輪と結婚指輪、購入する時の注意点とは?


結婚とは、これから長い間ずっと一緒にいることです。
そのため、婚約指輪や結婚指輪はとても意味のあるものになるのです。

しかし、そういった意味は知ってはいても、婚約指輪や結婚指輪の買い方については無知であるという人も多いのではないでしょうか。

一生に一度の指輪購入。
ある程度の知識を事前に持っておくようにしたいものです。

いつ買えばいいの?

婚約指輪は「プロポーズする時」まで用意したいものですよね。
もし「この日!」と日程を決めているなら、なるべく早めがいいですね。
前もって準備しておくと気持ち的にも余裕が生まれます。

結婚指輪は、結婚式当日に「指輪の交換」があるので、式場を決める前に注文すると余裕があっていいでしょう。
だいたい8か月前くらいには注文しておくといいでしょう。

どうして余裕が必要なの?すぐに買えないの?

テレビなどのイメージで勘違いしている人が多数います。
ブライダルジュエリーは突然行って突然購入可能なものではありません。
ドラマなどを見ていると、急に思い立ってジュエリーショップに行き、その場で購入し、その日の夜にはプロポーズ・・・なんていうシーンをよく見かけます。

実は、こういった買い方は、非現実的なものなのです。
基本的に、婚約指輪や結婚指輪は、注文してから作り始めるものです。

ブランドによっても異なりますが、長いと注文から受け取りまで2か月程度かかることも!

「明日プロポーズしたいから今日買おう」というのは、なかなか難しいものなのです。

そのため、余裕を持って注文するのが普通です。
もしプロポーズしたい恋人がいたら、早めにリサーチして準備を進めておきたいものですね。

どうして即日購入ができないか?

それにはいくつかの理由があります。

①指のサイズは個人差がある

せっかくの婚約指輪・結婚指輪。
指にフィットしたものをしたいですよね。
指のサイズは個人差があるので、きっちり測ってから作るというのが一般的です。

②枠とダイヤモンドを別で選択する婚約指輪

自分で選んだ枠に、どういったダイヤモンドを合わせるかというところはお客様に選んでもらうというシステムです。
また、指輪の内側部分にはメッセージや石を加工したりするので、それは希望を聞いてからということになりますね。

③ヴァージンリングだから

婚約指輪や結婚指指輪は「その人のために用意する」ことに意味があります。
店頭に陳列してある指輪は、いくらサイズがあったとしても、たくさんの人に試着されている指輪です。

新品のリングを「二人のために」作るには、ある程度の時間が必要ということになります。