結婚指輪を買う時に失敗しないコツとは?


愛し合う二人にとって結婚式は新たなスタートです。
準備段階では、結婚式で交換する結婚指輪の購入も済んで「幸せ」いっぱいな気持ちとなるはずです。
これから新たなスタートを切って、一生を共にしていくわけですが、実は結婚指輪の購入が失敗したかも・・・という夫婦もいるということなのです。

そうならないために、これから幸せな道を歩んでいくためにも結婚指輪購入は注意が必要かもしれませんね。
結婚指輪を買うコツを、その失敗例を交えながらご紹介していきたいと思います。

使い始めてから分かることも・・・

洋服と一緒ですが、試着しただけでは分からないこともあるのです。
普通、結婚指輪を購入するために貴金属店に行くと、気にいったデザインがあると試着して自分の指にマッチするかを確認するものです。

試着のほんの少しの間には分からなかったことが、結婚後に毎日つけていくことで「失敗した・・・」と気づくこともあるのです。

デザイン重視で購入して失敗してしまう

結婚する時には、二人の気持ちは結婚に向けて高まっているでしょう。
素材や製法といというところよりも「デザイン」に目が行きがちな部分もあるのでしょう。
貴金属店では「素敵」と思ったデザインも、実際に日常生活の中で日々使っているうちに、付け心地が悪い、耐久性が悪いということに気付く人も多いようです。

洋服や髪に引っかかるデザインにして後悔してしまう

仕事などで支障がない限り、結婚指は24時間いつでもつけている人も多いですよね。
そのため、洋服を脱ぎ着する時にも、お風呂に入る時にも結婚指輪を外さずにそのままにしていることで「洋服や髪に引っかかりやすい」という残念な結果を感じる人もいるようです。
貴金属店の店頭での試着で確認していても、ここまで気づくことができなかったと後悔する人も多いのが現状です。

きつくてはめられない最悪のケース

一日のうちでもむくみやすい時間というのが人によってはあります。
そのため、午前中に試着してぴったりでも、夕方の試着ではきついということもあります。
当日の試着の時の失敗が一生の失敗になってしまっては残念ですよね。
体の事なので一概に言えませんが、むくみなどの点で心配な人は、時間帯をずらして同じサイズを数回試着するという方法もおススメです。

二人で慎重に選びたい結婚指輪

結婚指輪は夫のためだけでも、妻のためだけでもありませんよね。
二人が選ぶ二人のためのものなのです。

どちらか一方の意見しか聞かなかったりすることで、結婚後に「あまり好きではない」と片方が身につけないケースもあります。
そういったことにならないためには、二人の意見を照らし合わせて慎重に選びたいものです。

せっかく幸せの象徴として結婚指輪をするのですから、二人共、気にいったものにしたいものです。

また、意外に盲点なのが店のサービスです。
長くつけていく結婚指輪ですから、アフターケアも重要です。
傷がついた、クリーニングをする、というようなアフターサービスは貴金属店によって違います。
その点を事前に確認しておくことは、長く使用する結婚指輪にはとても大切なことです。

「安ければいい」というような安易な考えで購入してしまうと、後々の後悔に繋がります。

結婚指輪を選ぶ時は、あまり試着をせずに急いで購入したり、安さやデザインだけで購入したりなど、周囲の人の話や二人の意見も総合的に考えて選ぶようにするのが失敗しないコツと言えます。