結婚指輪を買い替えるのは何故?メリットってアリ?


二人で夫婦として愛を誓い合うために選ぶ結婚指輪。
夫婦がこれから一生添い遂げるという意味でも、一生大事に使いたいものですよね。

そんな結婚指輪ですが、実は買い替えをするというケースもあります。
多くの人は「結婚指輪」は一生にひとつだけのものと考えているのではないでしょうか。

「初めて聞いた」という人も多いでしょうが、結婚指輪は買い替えることもあるということについてお話ししていきます。

結婚指輪は買い替えるものなの?

彼女に勇気を出してプロポーズして、結婚を決めるまでは、いろいろと忙しいものです。

お互いの両親にあいさつをしに行ったり、両親同士が顔を合わせたり、結婚式を行うにあたって段取りをしたり、そして結婚指輪を購入したりなど、さまざまな事を進めていきますよね。
たくさんのしなければいけないことがありますが、嬉しい忙しさです。

そんな忙しい中でも、結婚指輪の購入はこれから一生つけていくものですから、二人で慎重に選びたいものです。
購入する当初は「買い替える」なんて考えもしないのではないでしょうか。

しかし、実際には結婚指輪を買い替える夫婦もいるのです。

・失くしてしまった
・何らかの事情によって傷をつけてしまった
・現在の自分達に合わせたものが欲しい
・結婚生活の記念日に新しいものが欲しい

こういった理由で「買い替える」夫婦も結構いるようです。
結婚指輪は買い替えるものではないと思っている人には目からうろこのような話かもしれません。

年齢に合った結婚指輪が欲しくなる

しかし、実際に結婚指輪を買い替えることはメリットもあるのです。
結婚する年代は、人によっては違うものです。
例えば、20代に結婚した夫婦。
40代以降になるとどうしても体型が変わってしまうということもあるでしょう。
体型とともに、指の太さまで変わってしまうので、若い時につけることができていた指輪が徐々に装着不可能になってしまう・・・ということはよくあることですよね。

しかし、体型を戻さない限り指輪がつけられないものの、二人の愛の証として結婚指輪をしたいという夫婦もいるでしょう。
そんなお二人には、現在の年齢に合った結婚指輪を新たに買うことをおススメします。
デザイン的にも、若い頃よりも今の年代に合ったものが選べますし、何より今現在ぴったりということで毎日つけることもできるようになります。
新たな気分で結婚生活を送っていけることにもなります。

節目の時に買い替える夫婦が多い

すべての夫婦が結婚指輪を買い替える訳ではありませんが「新たな気持ちで今の自分達に合うものが欲しい」という夫婦もいらっしゃいます。
このタイミングとしては、結婚生活の節目の年が多いようです。

一生続けていく結婚ですから、10年、20年、30年と時が過ぎていきます。
自分達も年齢を重ねてきて、結婚指輪への好みも変わるかもしれません。

さまざまな理由で新たに買い求める夫婦もいるでしょうが、新調することでより二人の今後が円満になるというメリットもあります。