結婚後も使える婚約指輪の選び方のコツ


婚約指輪は男性が女性に結婚を申し込む際に贈るもの、まさに婚約の証となる指輪です。結婚指輪は結婚するときに相互で交換する指輪です。

それぞれの意味合いを踏まえて、婚約指輪は婚約してから結婚するまで、結婚してからは結婚指輪を身に着けるという女性が多いようです。

しかし、婚約指輪が婚約期間中しか使われないか、というとそういうわけでもありません。日常的に身に着けるためシンプルなデザインが多い結婚指輪に比べて、婚約指輪はダイヤモンドがついていたり華やかなデザインが多いため、結婚後は特別な時に着用するという人が多いようです。

中には結婚指輪と重ねづけをしてずっと着用しているという人も少なくないようです。

結婚後も使いやすい婚約指輪のポイントは「デザイン」と「重ねづけ」だと言われています。

デザイン

特別な指輪として華やかなデザインを選ぶ

婚約指輪を特別な時に身に着けるという女性は多くいるようです。人の結婚式で、パーティーで、子供の入学式や卒業式で、という風に、普段と違ったドレスアップする場面では華やかな婚約指輪が重宝します。

また、若いころシンプルなものを好んでいた女性でも、歳を重ねるごとに華やかなものを好むようになる、という話はよく聞かれます。年齢を重ねても女性はお洒落を楽しみたいもの。

長く愛用できるように、思い切って華やかなデザインを選ぶのも一つかと思います。

日常使いできるデザインを選ぶ

逆に婚約指輪をずっとつけていたい、という人もいるようです。そんな方には毎日身に着けられるようなデザインを考えるとよいでしょう。

婚約指輪はソリティアタイプで高さのあるものが多くありますが、日常使いするのであれば、あまり高さのないものやエタニティタイプのものなどが良いかもしれません。

また、リングの素材など、結婚指輪と同様の強度を考慮した方が良いでしょう。

結婚指輪との重ねづけができること

結婚後に婚約指輪を付ける際は、結婚指輪に重ねづけするケースがとても多いようです。

それを考えると、結婚指輪と重ねられるデザインを選ぶということはひとつのポイントになるでしょう。

重ねづけを考慮すると婚約指輪か結婚指輪のアームの形状は重要です。両方ストレートであればあまり問題はありませんが、U字・V字・ウエーブの場合はきれいに重ならないことがあるので注意が必要です。

重ねづけすることを考えて、多くのジュエリーショップで婚約指輪と結婚指輪のセットリングを用意しています。

はじめから重ねづけできるようにデザインされているので、きれいに重なることはもちろん、2つ重なることでさらに華やかに見えるものもあります。

せっかく贈る婚約指輪ですから、できることなら婚約期間だけと言わず、結婚後も女性に愛用してもらいたいですね。

女性は婚約指輪を見るたびに男性の愛を感じるでしょうし、指輪を見て喜ぶ姿は男性にとっても嬉しいものでしょう。