結婚指輪の素材はやっぱりプラチナ?


リングで主に使用される金属は、プラチナ、ゴールド、シルバーが主流です。マリッジリングに選ばれる最も人気のある金属は何と言ってもプラチナ。ある調べでは婚約指輪の約8割以上、結婚指輪の約7割以上にプラチナが選ばれているそうです。

プラチナが選ばれる理由を考えてみましょう。

プラチナの魅力

プラチナの最大の魅力は「いつまでも変わらない上品な白色の輝き」にあるでしょう。白色の金属はシルバーやホワイトゴールドもありますが、シルバーは変色しやすく、ホワイトゴールドは金をベースにした合金のため少し黄みがかった白色と言われています。

プラチナは一生の約束の証にふさわしい上品な白色の輝きと、その美しさが変わらないことが、ブライダルリングに選ばれる理由の一つでしょう。

また強度も大切なポイントです。変形しにくい、傷がつきにくい、変色しにくい、アレルギーを起こしにくい、という実用性を備えていることも、一生身に着けるリングに選ばれる理由でしょう。

そして、希少性の高さも大きなポイントです。プラチナは産出量がゴールドの20分の1程度とのこと。それだけ他の金属より高めの価格設定になりますが、だからこそ生涯のリングに選ぶ人も多いのでしょう。

プラチナの強度について

プラチナのリングといっても純度100%のリングはあまり多くありません。その理由はプラチナはもともと柔らかい金属だからです。実際のリングはプラチナに他の金属を混ぜて強度を上げて使用しています。またプラチナはやや黒みがかった白色のため、より美しい白色を出すためにパラジウムなどの白い金属を混ぜています。

プラチナのリングには【Pt850】【Pt900】【Pt950】【Pt1000】などの表記がありますが、これはプラチナの純度を表しています。
・Pt850・・・プラチナ85%
・Pt900・・・プラチナ90%
・Pt950・・・プラチナ95%
・Pt1000・・・プラチナ99.9%

プラチナは85%より低い純度は認可されていないため、Pt850以下の表記は存在しません。またPt1000といっても実際には99.95%までが限界とのこと。純度から考えるとPt1000のリングが最も柔らかいためあまり流通していませんが、一部のジュエラーで強度を考慮したPt1000のリングも開発しているようです。

一般的にはPt950とPt900のリングが最も多く流通しています。海外では純度95%以上のものしか認可していないというところもあるため、海外ブランドでは【Pt950】のものが多く見られます。

一方で日本では【Pt900】のものも多く、Pt950よりも強度が上がることとそれにより加工がしやすくなるところがメリットだと言われています。加工のしやすさは職人にストレスを与えず、良いリングを制作するうえで大切な要素でもあります。細いデザインのリングは強度の高いPt900の方が向いているかもしれません。

プラチナとダイヤモンドの相性

「プラチナこそ貴金属の王である」
これはフランスの名門ジュエラー「カルティエ」の三代目ルイ・カルティエが残した言葉だそうです。それまでジュエリーの主流だったシルバーは変色してしまうことが最大の欠点でした。

しかし美しい白色が保たれるプラチナの登場によって、美しさを損なわないジュエリーの作成が可能になりました。特にダイヤモンドとの相性は抜群で、控えめで上品なプラチナの白色の地金は、ダイヤモンドの華やかな輝きを最高に美しくひきたてると言われています。

ダイヤモンドを主役にすることが多いブライダルリング、特に婚約指輪は、やはりプラチナの人気が高いようです。