結婚指輪と婚約指輪を重ね付けする際のメリット・デメリット


以前は、婚約指輪は特別な行事の時に付けるものでしたが、最近では毎日でもつけたいという人が増えています。そのためには結婚指輪と婚約指輪を重ね付けするのですが、重ね付けすることで生じるメリットやデメリットには、どんなことがあるでしょうか。

重ね付けの順番

婚約指輪と結婚指輪を重ね付けする時には、左手の薬指に結婚指輪をして、その後婚約指輪をします。

重ね付けする指輪のデザイン

結婚指輪と婚約指輪は買う時に重ね付けできるようなデザインの物を選ぶと、使い勝手が良くなります。結婚指輪が平打ちで、婚約指輪がエターナルリングであるとか、両方が同じようなカーブの太さ違いにするといった選択が考えられます。

重ね付けのメリット

重ね付けすることで結婚指輪は華やかになりますし、婚約指輪は普段使いできるファッションリングになります。パーティなどにも似合いますし、ちょっとした集まりなどにも向いています。しまっておくだけでなく、婚約指輪を生かすことができるのです。

重ね付けのデメリット

重ね付けすることを前提に指輪を選ぶので、選べる指輪の選択肢が狭くなります。また、普段から二本していると一本にした時頼りなく感じることがあります。また、指輪同士で傷がつく場合もあります。