大事な結婚指輪を紛失しないようにするコツ


大事な結婚指輪はいつも身に付けていたい物ですが、家事で汚さないように、力仕事でゆがませたりしないようにと外すこともあります。そんな時、ちょっとしたことに気を付けると、失くしたり、置き忘れたりしないですみます。

1,置き場所を決める

失くさないためには外さないのが一番ですが、どうしても外さなければならない時には、決まった場所に置くようにしましょう。小皿や小物置きなどを鏡台に置いたり、リングを掛けられるオブジェをベッドの枕元に用意するなどして、専用の場所を作ってあげます。

2,手を洗う時には気を付ける

石鹸をつけると指輪がするっと外れてしまうことがあります。よほどきつくない限り、手を洗う時は十分に気をつけましょう。指輪がゆるめならむしろ、外してから洗った方が安全です。何度も外すなら、その場所にも指輪置き場を作ってあげます。外れた指輪は、すぐだったらパイプを外すことで拾えます。

3,温泉や銭湯には外してから行く

温泉や銭湯では、気が付かないうちに指輪が無くなっていた、ということがあります。そうならないためには、できるだけ指輪は外してから行きましょう。脱いだ服と一緒に置くのはまた失くす原因になりますから、部屋で外して、小銭入れやリングケースにしまってから行くようにします。