ソリティアリングの魅力


ソリティアリングというのは、一粒のダイヤだけを据える指輪です。ダイヤがとにかく映えますので、デザインも見栄えもすべてダイヤにかかってきます。
このリングの魅力は、とにかくダイヤを美しく見せられること。余計な物を一切省いて、ダイヤにだけ焦点があたる作りですから。

代表的なソリティアリングのデザインは、通称ティファニーセッティングと呼ばれる、6本爪の立て爪リングです。指輪からせり出すように高く持ち上げられた立て爪で、中央の石を支えるこのデザインは、ダイヤモンドを大きく、立派に見せるように考案されました。
以前はできるだけ高く持ち上げるように作られていましたが、最近は低めに作られるようになってきています。
爪の数は、6本のほかに4本爪の物もあります。

立て爪以外の留め方では、埋め込みや掘り留め、はさみ留めなど、いくつも種類があります。爪でダイヤの周りを何箇所か留める爪留めは、しっかりと石を固定するのでソリティアリングに好まれます。石の四隅を爪でぐっと押さえる留め方で、ダイヤ以外の宝石にも良く使われます。

ソリティアリングは大きな石を使いますので、デザインの流行が変わったり、飽きたりした時には、作り直しが出来るのも良いところです。