結婚指輪で選ばれる素材は


結婚指輪の素材として一番選ばれているのは、プラチナ、ゴールド、そして、プラチナとゴールドの両方を使ったものです。

プラチナは美しい輝きを放ち、しかも銀のようにさびたりせず、お手入れが簡単です。使っているうちには細かい傷もつきますが、定期的に購入店でお手入れしてもらえば、その輝きは取り戻せます。高価なレアメタルであるという点も人気の理由の一つです。

プラチナと同じく高価な貴金属である金は、アレルギーを起こしにくい金属としても知られています。柔らかくて傷が付きやすいと言われていますが、24金でもなければそれほど柔らかすぎることもありません。ヨーロッパでは結婚指輪の定番は金です。

金とプラチナのコンビネーションは、白銀に輝くプラチナと柔らかな金色の組み合わせが美しく、単調になりがちな結婚指輪のデザインにアクセントを作りだします。金がいいかプラチナがいいか意見が分かれた時には、コンビの指輪を検討してみてはどうでしょうか。

結婚指輪の素材やデザインは、これでなければいけないという決まりはありません。二人で別々の素材やデザインの物を選んでも良く、お互いが気に入るかどうかが大事なのです。