プラチナとゴールドの結婚指輪を比較


最近の結婚指輪の主流は、プラチナとゴールドが多くなっています。
永遠に輝きを保つとして欧米では絶対的な人気を誇る金と、その希少価値と美しい白い輝きが日本人に好まれるプラチナを比べてみましょう。

結婚指輪の定番は金

金色は日本人の肌の色にも良く似あいます。結婚指輪と言えば金のシンプルな物。それが長い間の定番でした。お手入れもほぼ必要がなく、長くその美しさがあせることもない。定期的な新品仕上げで、またその美しさを取り戻すことができる。熟年のご夫婦は結婚指輪といえば金。また、最近若いカップルの間でも人気が再燃しています。

美しい白さが長く続くプラチナ

日本では結婚指輪の一番人気はプラチナです。何より希少価値が高く、美しい白さが好まれます。また、ダイヤモンドとの相性が良く、その輝きが素晴らしく映えます。ダイヤモンドを結婚指輪に着けたいと思っている人はプラチナを選ぶことが多いようです。

結婚指輪は金でもプラチナでも、素材に関わらずフォーマルな席にも付けたまま出席できます。シンプルなデザインならば別の指輪との重ね付けもできます。迷うようなら金とプラチナのコンビの指輪もありますので、自分の心で納得できる一本を選べるといいですね。