結婚指輪の重ね付け


結婚指輪に華やかなデザインのリングを重ねて、印象を変える

 

結婚指輪はシンプルなデザインの物が多く、それだけに長い間使えば愛着が湧くものです。しかし、結婚指輪だけではお出かけに華やかさが足りないという時があります。

そんな時には、別の指輪と一緒に重ね付けしてみましょう。思いがけない華やぎに驚き、次はどんな指輪を合わせてみようかと楽しくなりますよ。

 

色か幅が同じリングと重ねる

金なら金、プラチナならプラチナと同じ素材のリングを複数使います。細いリングを2、3個重ねると可愛らしい感じになります。同じ色の素材が無ければ、太さが同じくらいのリングを重ねます。

 

大き目の石が付いたリングと重ねる

結婚指輪は外に大きな石が付いていないのがほとんどです。

ですから、合わせるリングを、大きな石が付いた物にすると、その石を主役にして、グレードアップした印象になります。石が付いたリングも、そのままだと単調になりがちですが、別のリングと合わせるとがらっと印象が変わりますので、洋服の着回しのように、リングの組み合わせを変えて楽しむことができます。

 

結婚指輪より華奢なリングを重ねる

結婚指輪よりかなり細めのリングや、繊細なデザインの物を合わせると、結婚指輪に装飾がついた印象になります。普段おとなしい結婚指輪が、フリルやメレダイヤで縁どられ、新しいデザインになったかのようになります。