プラチナの結婚指輪について


プラチナの結婚指輪は輝きを失わない

 

日本では金と同じかそれ以上に結婚指輪として選ばれているプラチナは、産出量が非常に少ない希少な金属で、大変高価です。高価で、美しく輝く白で、時間が経っても変色しないので、長い愛への願いを込める指輪として選ばれるのです。

プラチナの別の呼び方に白金というのがあります。同じように白い色で、ホワイトゴールドというのがありますが、それはプラチナの仲間ではなく金の仲間です。

プラチナはまた、金属アレルギーを起こしにくいので、ずっと身に付けている結婚指輪として最適です。しかし、純粋なプラチナは柔らかすぎるので、合金にしてある場合が多く、その金属に対する注意は必要です。

指輪に良く使われるのはpt925という固さです。純度の高いプラチナの指輪は変色しませんが、細かい傷が付きやすく、強い力で変形する場合があります。指の力がかかるような時にははずすようにして、購入店で定期的にお手入れしてもらうことをおすすめします。