婚約指輪の基礎知識

婚約指輪の失敗しないサイズの測り方

彼女の指輪のサイズを確認して婚約指輪を用意したのにサイズが合わない、ということは実はよくあることだそうです。

なぜそのようなことが起こるかというと、人間の指は一日の間でも微妙にサイズが変わり、また季節によってもサイズが変わったりするからです。

彼女の指にぴったり合う婚約指輪を選んで、プロポーズを成功させるためにも、婚約指輪のサイズの測り方について整理しておきましょう。

サイズの変化について

人間の指は一日のうちにサイズが変化すると言われています。一般的にサイズが変わりづらく最も細いと言われる時間帯は10時~16時くらいの間と言われています。

また手指が冷えていると指は細目になります。季節的には気温の低い冬が一番細い時期のようです。またお酒を飲むとむくむ人も多いようです。

指輪のサイズを測る際の注意点

上記のように、指のサイズは時間帯や季節によって変化をするので、それを考慮したサイズ測定が大切です。

例えば冬場の午前中にぴったりのサイズのリングを選んでしまうと、きつく感じる時が出てきてしまうということです。

指輪のサイズを測る際は、午前と夕方など、細いときと太いときの2回測るのが理想的ですね。

また、指輪のデザインや幅によってもサイズ感が変わってきます。同じ号数でも幅広やボリュームのあるデザイン、平打ちの指輪などは、通常のサイズではきつく感じることがあります。逆に幅が細いものや内側がなめらかな指輪は、通常のサイズではゆるく感じることもあるでしょう。

この問題を解決するには、購入を考えている指輪そのものを試着することが一番です。リングゲージを使って測定する場合は、欲しいリングのデザインに合わせたリングゲージを使うことが大切です。

婚約指輪のサイズ測定の注意点

婚約指輪で特に注意したい点は、デザインを考慮したサイズ感です。婚約指輪はソリティアタイプなど、センターストーンを強調したデザインが多いかと思います。

そこでゆるめの指輪を選ぶと、指輪がまわってしまって不便を感じるため注意が必要です。結婚指輪のように中心がないデザインのリングであれば多少ゆるめのサイズ感でも問題はないのですが、デザイン性を重視することが多い婚約指輪についてはできればジャストサイズを選びたいところです。

婚約指輪のセッティングの種類まとめ

婚約指輪といえば、ダイヤモンドが輝くリングを思い浮かべる方も多いでしょう。しかし婚約指輪は必ずしも一粒ダイヤの立爪リングばかりというわけではありません。婚約指輪に多く見られる代表的なデザインをご紹介します。

ソリティア・立爪

これは最も「婚約指輪らしい」セッティング方法と言えるでしょう。

ソリティアとは一粒の石を数本の爪で留めるセッティング方法のこと。リングの上に出っ張って石が留められるため高さが出て、ゴージャスなリングになります。

石を留める爪の数は6本か4本が一般的ですが、爪の数によっても印象が変わります。

指から石部分の高さが出るため、日常的に使いづらいと敬遠する方もいますが、逆に一生に一度の婚約指輪だからこそこのスタイルのリングを選ぶ方も多いようです。高さがあるため光が入りやすくダイヤモンドを最も美しく見せるセッティング方法とも言われています。

パヴェセッティング

パヴェとはフランス語で「石畳」「敷石」という意味です。リングに複数のメレダイヤモンド(小さなダイヤモンド)を敷き詰めたデザインです。

メレダイヤモンドの結集により無数の輝きを放つため華やかなリングになります。更に中央にセンターストーンを置くデザインであれば、主役の石を美しく引き立てる役割を果たします。

このうち同じサイズ、同じカットの石を一列に連ねたデザインを「エタニティリング」といいます。リングの全周にセッティングしたものは「フルエタニティ」、半周にセッティングしたものは「ハーフエタニティ」と呼ばれています。

ベゼルセッティング・ふくりん留め

石を爪で留めるのではなく、地金の輪で石を囲うように台を作り、伏せこんで固定したセッティング方法です。爪がないため引っかかりが少ないところがメリット。

同じベゼルセッティングでも石の高さの調整やリングのデザインによって印象はだいぶ変わるでしょう。クラシカルな印象もありつつ、逆にモダンだと感じる方も少なくないデザインです。

テンションセッティング

テンションとは張力の意味。テンションセッティングとは地金の張力を利用して石を左右2か所から留めるセッティング方法です。

これはドイツのジュエリーブランド「ニーシング」が発表した「ニーシングリング」で世に知られることとなったセッティング方法です。それまで必須と思われていた石座も爪も使わずに石を留める画期的なリングとして一躍有名になりました。横から見るとアームの継ぎ目に石が浮いたように見えるデザインです。ユニークなデザインがお好みの方は必見です。

伏せこみ

リングの地金に穴を掘り、石を取り囲むようにして留めるセッティング方法です。爪がなく出っ張りも少ないので引っかかりにくいデザインです。

セッティングだけでも様々な留め方がありますね。セッティングは大切な石をしっかりと固定するという役割だけでなく、リングのデザインにも大きくかかわってきます。大切な婚約指輪に何を求めるのかによって、セッティング方法の選択も変わってきそうですね。

婚約指輪の基本デザイン

多くの人にとって婚約指輪は一生のうちで最も高価な指輪になるのではないでしょうか。二人の婚約を記念する大切な婚約指輪ですから、しっかりと研究をして選びたいですね。ここでは婚約指輪の基本デザインを確認しておきましょう。

ソリティア(ソリテール)

「ソリティア」とは、宝石を一粒だけあしらったリングのことです。一粒ダイヤモンドのシンプルなリングは、婚約指輪の定番デザインと言えるでしょう。

立爪でセッティングされた高さのあるデザインは、光を反射させやすくダイヤモンドが最も美しく見える形だとも言われています。

ダイヤモンドの存在感が際立つデザインなので、ダイヤモンドの4Cにこだわる人にもおすすめです。

爪の数や石の留め方、アームのデザインによっても、かなり印象が変わってきますので、色々と見比べてみましょう。

立爪は高さがあるためひっかかりやすいと敬遠する人もいるようですが、石の高さを出さない留め方もありますので、検討してみて下さい。

メレ

メレとはメインとなるダイヤモンドのサイドにメレダイヤを添えたデザインのこと。メレダイヤとは0.03カラット以下の小粒のダイヤモンドのことです。

メインのダイヤモンドが引き立てられ、華やかに見えるデザインです。メレダイヤをサイドに配置するものもあれば、メインダイヤを取り囲むように配置したものもあります。

メレダイヤの数や配置によってリングの印象が大きく変わってきます。

華やかでゴージャスな婚約指輪を希望している方におすすめのデザインです。

パヴェ

パヴェとはフランス語で石畳を表します。パヴェリングとは文字通り、小さな石を敷き詰めるように留めたデザインのことです。

小さなダイヤモンドが隙間なく敷き詰められているので、多くの光を反射して華やかなリングになります。

センターにメインとなるダイヤモンドを置くデザインにすれば、かなりゴージャスな婚約指輪になるでしょう。

エタニティ

エタニティリングとは、同じサイズ・同じカットのダイヤモンドでリングの全周を一列に取り囲んだデザインです。

美しいダイヤモンドで途切れなく囲んでいることから、エタニティ=永遠という名がつけられています。

石をリングの全周取り囲んだデザインをフルエタニティ、半周程度取り囲んだデザインをハーフエタニティと呼びます。

フルエタニティだとリングの全ての面が光り輝くので、どの角度でも美しく見えます。ハーフエタニティは指の間に石があることが気になる人や、手のひら側に石が無い方が良い、という人におすすめのデザインです。

最近ではエタニティリングを婚約指輪に選ぶ人がとても増えています。エタニティリング一本でも十分美しいリングですし、ストレートのシンプルな結婚指輪との重ねづけも相性が良く華やかに見せることができます。

婚約指輪におすすめな石の選び方と種類

婚約指輪と言えば「ダイヤモンドのリング」というイメージが強いですよね。実際に婚約指輪を購入する人の9割以上がダイヤモンドのリングを選んでいるという調査もあるほど、ダイヤモンドは圧倒的な人気です。

ダイヤモンドが婚約指輪に選ばれる理由

ダイヤモンドの婚約指輪の起源は15世紀のオーストリアと言われています。その後、ダイヤモンドの婚約指輪が一般市民に広まったのは第二次世界大戦後のアメリカでのこと。

日本で一般的になったのは1970年代になってからのことで、その習慣はまだまだ新しいものなのです。

さて現在なぜこれほどまでにダイヤモンドが婚約指輪に選ばれているのでしょうか。主にはダイヤモンドが持つ「財産性」「美しさ」「硬度」といった特徴がその理由と言えるでしょう。

一生に一度の愛を誓うリングだからこそ、財産性が高く、純白の輝きを持ち、その美しさが損なわれない硬度を備えているダイヤモンドが選ばれているようです。

ダイヤモンド以外の石という選択

しかし婚約指輪はダイヤモンドでなければいけないというわけではありません。自分が好きな石やカラー、イメージで婚約指輪を作るという選択肢もあります。

ダイヤモンド以外の石を選ぶメリット・デメリットを考えてみましょう。

<メリット・デメリット>

○自分の個性やオリジナリティを求めることができる
○多くの人が持つダイヤモンドリングと比較されることがない
○ダイヤモンドと同じ予算であれば、多くの石がダイヤモンドより大きいものを選ぶことができる
×ダイヤモンドの婚約指輪と比べると、取扱い店が少なく、好みのデザインなどを探すのに苦労をする

ダイヤモンド以外のカラーストーン

ダイヤモンド以外で婚約指輪を作るとしたらどのような石がいいのでしょうか。もちろん自分の好きな石を選んでよいのですが、婚約指輪にするのであれば「硬度」だけは注意しておきたいところです。

宝石などの鉱物は「モース硬度」という基準で硬さを表します。ここでいう硬度とは傷のつきにくさのこと。硬度は1~10で表され、10が最高値です。ダイヤモンドは最高の硬度10で、鉱物の中で最強の硬さを誇ります。

硬度を考慮してダイヤモンド以外の石を検討してみましょう。

○サファイヤ(モース硬度9)

サファイヤとは多くの色を持つコランダムに属する鉱物のことですが、やはり青いサファイヤが人気です。海外のセレブも婚約指輪に選ぶ人が多くいます。

特にイギリスのキャサリン妃がダイアナ妃から大粒のサファイヤリングを受け継いだのは有名です。

石言葉は誠実・慈愛。サファイヤは心身を浄化してくれる、心の安らぎを与えてくれる、また貞節な愛を表す、といったいわれがあります。

○ルビー(モース硬度9)

ルビーはサファイヤと同じコランダムの中でも赤いものをさします。赤みの色合いや透明度、内包物によって価値は変わりますが、サファイヤよりも希少価値が高いと言われます。

石言葉は熱情・純愛・仁愛・威厳。勇気や情熱を強化する、心身を強くする、邪悪なものを取り除く、といった力強いいわれがあるようです。

○エメラルド(モース硬度8)

古くから世界中の民族が魔法の石と崇めてきた鉱物のひとつです。クレオパトラは自分の鉱山を持つほどエメラルドに魅せられていたといわれます。

サファイヤ・ルビーよりは硬度が落ちますが、落ち着きのある緑の輝きを好む人は多いでしょう。

石言葉は幸福・幸運・愛・新たな始まり。直観力や知性が磨かれる、心身に活力を与える、忍耐力を養う、といったいわれがあります。

硬度が高く財産性の高い宝石をご紹介しましたが、他にもカラーストーンは多数あります。また最近ではピンクダイヤモンドといった色のついたダイヤモンドも取り扱われています。

天然の色つきのダイヤモンドは希少性が高く大変高価なものになることも多いのですが、中には人工的に色をつけたものもあるようです。

いずれにせよ、婚約指輪はダイヤモンドでなければならないと決められているわけではありません。一生に一度の指輪ですから自分が、あるいは相手が最も満足を感じる石で生涯の愛を誓えるといいですね。

婚約指輪を購入するときの注意点は?

婚約指輪を日常的につける方も増えて来ています。他の方の結婚式などがあればその席にもして行くでしょう。婚約指輪は一生に一度の大きな買い物です。失敗しないためには購入時にどんなことに気を付ければ良いでしょうか。

買う時は二人で選ぶ

サプライズでプロポーズする時は別として、婚約指輪はできるだけ二人で選びましょう。彼女の好みが分からないのに男性だけで買いに行ったり、どうせ彼女の好みで買うのだからと女性だけで行かせたりすると、必ず後でもめごとになります。二人で相談しながら買うのが一番です。

買う前に試着してみる

指輪のサイズというのは、お店によっても微妙に違いますし、デザインによっても違う物です。直してもらえるとしても、できればそのままの方が良いですよね?購入する物と同じデザイン、同じサイズの物がなければ、似たデザインの物でも良いので、必ず付けたり外したりして着け心地を確認しましょう。

買う品物の材質を知る

指輪の素材は日本では18金やプラチナ900が多いのですが、外国のブランドでは違います。日本で売っている外国ブランドの指輪し18金だけでなく16金から10金まで使われますし、プラチナは法律の規制があるので950です。それは習慣や法律の問題で、けっして詐欺や安物を売りつけようとしている訳ではありません。

結婚指輪と婚約指輪を重ね付けする際のメリット・デメリット

以前は、婚約指輪は特別な行事の時に付けるものでしたが、最近では毎日でもつけたいという人が増えています。そのためには結婚指輪と婚約指輪を重ね付けするのですが、重ね付けすることで生じるメリットやデメリットには、どんなことがあるでしょうか。

重ね付けの順番

婚約指輪と結婚指輪を重ね付けする時には、左手の薬指に結婚指輪をして、その後婚約指輪をします。

重ね付けする指輪のデザイン

結婚指輪と婚約指輪は買う時に重ね付けできるようなデザインの物を選ぶと、使い勝手が良くなります。結婚指輪が平打ちで、婚約指輪がエターナルリングであるとか、両方が同じようなカーブの太さ違いにするといった選択が考えられます。

重ね付けのメリット

重ね付けすることで結婚指輪は華やかになりますし、婚約指輪は普段使いできるファッションリングになります。パーティなどにも似合いますし、ちょっとした集まりなどにも向いています。しまっておくだけでなく、婚約指輪を生かすことができるのです。

重ね付けのデメリット

重ね付けすることを前提に指輪を選ぶので、選べる指輪の選択肢が狭くなります。また、普段から二本していると一本にした時頼りなく感じることがあります。また、指輪同士で傷がつく場合もあります。

ダイヤモンド以外の婚約指輪を選ぶコツ

婚約指輪にはダイヤモンド以外は考えられないという人がいる一方で、他の指輪を選ぶ人もいます。彼女の誕生石を中心にした指輪も婚約指輪としてスタンダードですし、二人の思い出などを象徴するようなデザインにすることも考えられます。ここでは、ダイヤモンド以外の婚約指輪を選ぶコツを見てみます。

色石を中心にしたデザイン

彼女の好きな宝石や誕生石、二人の思い出を象徴するような色の宝石などを使った婚約指輪です。このタイプは、ファッションリングとして普段も使えますし、ちょっとしたお出かけにも重宝します。また結婚指輪と重ね付けするのにも抵抗がありません。婚約指輪であることを考えると、中心石の周りに小粒で品質の良いダイヤをあしらったり、エターナルリングのように周囲を囲んだりすると、単なるファッションリングではない特別感をプラスできます。

デザイン重視の金属の指輪

結婚指輪のような金属の指輪です。平打ちやV字、波のデザインなどそれぞれですが、結婚指輪と合わせる時の相性は抜群です。内側に小さな色石を埋め込んだり、模様を全体にあしらったり、メッセージをデザインして全体に彫り込んだりなど、様々な工夫ができます。このタイプの婚約指輪を買うなら、一緒に結婚指輪も購入して、一本ずつでも二本でも便利に使えるように選ぶと良いでしょう。

婚約指輪を選ぶ基準は?

婚約指輪は安い買い物ではありません。しかし、いざ買いにいくとなると何を基準に選べばいいか分からなくなってしまいます。そんな時には、まず自分がどこに重点を置いて婚約指輪を選びたいか、そこを考えましょう。

好みのデザイン

婚約指輪選びの最後の決め手はやはり、気に入るかどうかです。ダイヤが大きいからとか、最近はやっているからといった理由で選ぶと後悔します。必ず納得できるデザインの物を選びましょう。男性が一人で選ぶ場合には、彼女の好みを考えて彼女のために選ぶという姿勢が大事です。

価格

婚約指輪の平均価格は30万円から40万円くらいの間です。ですが、カップルによっては70万円、80万円かけるカップルもありますし、10万円以下のカップルもいます。よそはいくらかではなく、自分たちはいくらか、決めてから買いに行くようにしましょう。

ダイヤの品質や宝飾品としての美しさ…ダイヤは、品質と大きさの両方をかなえると必ず予算オーバーします。どちらを重要視するか、先に決めた置いた方が迷わないですみます。また、婚約指輪はダイヤだけが良ければいいという物ではありません。宝飾品として、バランスの良い美しさが必要です。

彼女のタイプ別で見る婚約指輪の渡し方

さて、結婚を決意して、婚約指輪を彼女に内緒で用意して、後はいよいよ渡すばかりになったとして、あなたならどんなプロポーズをしますか?プロポーズの仕方を間違えて、彼女の夢を壊してしまうのだけは絶対避けたいですね。

彼女がロマンチックなタイプなら

夜景の見えるレストランで指輪の箱を開けて、「結婚してください」と、彼女の目を見ながら静かに言いましょう。あるいはドライブに行った海岸で、波の音を聞きながら、さりげなく「結婚しよう」と指輪を彼女の指にはめてあげましょう。彼女がロマンチックなことが好きなら、プロポーズには絶対ロマンチックな背景が必要です。

彼女が照れ屋なら

辺りに人がいてはいけません。誰もいない場所を選んで、当然のような態度で指輪を渡しましょう。あまり恥ずかしい思いをさせると逃げられる恐れがあります。返事もせかさないで、態度で判断するとか、じっくり待った方がいいかも。

彼女が現実的なタイプなら

できれば一緒に選びたかったというかもしれないので、もし気に入らなければ違う指輪を選びなおすくらいの覚悟はしておいた方がいいでしょう。でも、あなたが真剣に結婚を申し込めば、それは理解してくれるはずです。このタイプには、「結婚して欲しい」とはっきり言うのがポイントです。

婚約指輪の選び方のポイント

婚約指輪はこれから結婚する女性にとって特別な物ですから、失敗のないように慎重に選びましょう。婚約指輪を選ぶ時には、次の4点に気をつけて選びましょう。

ダイヤの4C

ダイヤの4Cとは、ダイヤモンドを等級づける4つの評価Color, Cut, Carat, Clarityのことです。それぞれ、色、カット、重さ、透明度になります。品質を取るか、大きさを取るか、といった目安に使います。

リングの材質

金やプラチナは純度が高ければいいというわけではありません。近年では、より美しく、より耐久性のある合金もありますし、表に薄くメッキされているものは見ただけでは分かりません。リングの材質を守るためのメッキや、色を出すためなどもあります。

デザイン

婚約指輪のデザインは様々です。ソリティアのダイヤやエターナルリング、ウェイブが付けてある物などもあります。女性の指輪の好みが分かるなら男性だけで買いに行ってもいいのですが、もしそうでなければ一緒に行って選ぶ方が無難です。

価格

指輪選びはまず予算を決めてから行くことです。お店で「この辺が相場だから」と勧められてかなり高い物を買ってしまった、という失敗を避けることができます。

1 2 3 4 5 6 7 8 9
Category
New
人気のエントリー