婚約指輪の基礎知識

類まれなるノウハウ、世界の“Chopard(ショパール)”リングは至高の輝き

“Chopard(ショパール)”のブランドヒストリー

 「エクセレンス」の伝統

1860年、ソンヴィリエという小さな村で全てがはじまりました。若き才能に溢れる時計職人、ルイ‐ユリス・ ショパールが、この地に工房を設立したのでした。彼の製造する高い信頼性と精度を誇る時計の評判は、またたくまに東ヨーロッパ、ロシア、スカンジナビアの愛好家や時計販売業者たちの間に広がりました。

現在のショパール

カンヌ国際映画祭のオフィシャル・パートナーとして知られ、ハリウッド女優にもファンが多いショパール。高級時計の製造で培った高度な技術で作り出されたモダンで独創的なジュエリーは、創業150年を経たいまも色あせることなく、世界を魅了している。

“Chopard(ショパール)”のダイヤモンド

5C

C: ショパール | C: カラット | C: クラリティ | C: カラー | C: カット |

ショパールでは、ダイヤモンドの蛍光の度合いについて「none(なし)」から「faint(弱い)」のみを使用しています。最も美しく最も品質の高いレベルのダイヤモンドのみを個別にひとつひとつ選別。ダイヤモンドは専門家が10倍の拡大ルーペで確認し、11の公式グレードに分類されますが、ショパールではそのなかでも最も透明度の高いダイヤモンドを使用しています。

“Chopard(ショパール)”のブライダルコレクション

宝石の魅力を最大限に生かす

ショパールのハイジュエリーの魅力は、宝石の魅力を最大限に生かしたモダンで独創的、かつ繊細なデザイン。ブライダルのコレクションにも、ショパールのハイジュエリーに込められたこだわりが引き継がれています。セミオーダーリングは、注文を受けてから一つ一つジュネーブの工房で手作りされるというこだわりぶりです。

 ハートモチーフ

デザインで特筆すべきはハートのモチーフ。ハートはショパールを象徴するモチーフとして知られ、ブライダルのコレクションには、ため息が出るほど美しいハートシェイプカットのダイヤモンドをあしらったソリティアリングをはじめ、ハート型の台座がダイヤモンドを支える可憐なリングなどが揃います。ハートといえども決して子どもっぽくはなく、大人の女性の美しさを際立たせるデザインもショパールならでは。花嫁を幸せな気分に誘ってくれるエンゲージメントリングは、世界の女性たちの憧れの的となっている。

“Chopard(ショパール)”のブライダルリング

エンゲージメントリング

不変の輝きを放つダイヤモンドは、世界で一番大切な約束の証。男性がもっとも愛する女性へと贈るのは、幸せに満ち溢れた女性の指で、永遠の誓いとして輝くソリテールリングです。さまざまなカットのダイヤモンドがセットされたショパールのエンゲージメントリングは、メゾンの類まれなるノウハウの結晶。至高の輝きを放ちます。

※ソリテール…リングにひとつの宝石が付いていて、そのまわりに装飾がほどこされていないもの。 1つだけという意味です。

ショパールのアイコニックエンゲージリング

ショパールのブライダルコレクションは、二人が夢に描いたカッティングを個別に施し、数限りないバリエーションを提案。伝統的な石のセッティング法や、その他の大胆な手法により、カラーやクラリティにおいて最高級のダイヤモンドを際立たせています。ショパールのアイコニックエンゲージリングはWebサイトにてご確認下さい。また、お二人が夢に描いたソリテールをショパールにお気軽に相談することが出来ます。

 “Chopard(ショパール)”のカスタマーサービス

ショパールでは、150年に渡って、優れた品質を誇る時計とジュエリーを販売してきました。この伝統と技術を継承し続けたいという強い意志のもとに、世界中の正規取扱店とサービスセンターで、その目標を達成すべくカスタマーサービスを提供しています。サービスおよび修理については、現在のモデルはもとより、歴史的なモデルについての専門技術も持つ時計職人、宝石職人、研磨職人たちによって提供されています。

創業150年という長い歴史と伝統を持つ“Chopard(ショパール)”なら、安心して一生物のブライダルリングを選ぶことが出来そうですね。

地域によって変わる婚約指輪の相場

婚約指輪の相場は、よく「給料の3か月分」などと表現されますが、それは30年以上も前に広告会社が世に出したキャッチコピーにすぎません。近年の平均額は33万円前後とのことですが、実はこれ、地域によって微妙に異なるのをご存知でしたか?

地域によって異なる、婚約指輪の相場について触れておきたいと思います。

こちらは、「リクルートブライダル総研『結婚トレンド調査2013』」のデータです。
・北海道:28.3万円
・青森・秋田・岩手:27.5万円
・宮城・山形:30.9万円
・福島:28.3万円
・茨城・栃木・群馬:30.9万円
・首都圏:36.6万円
・新潟:28.9万円
・長野・山梨:28.7万円
・富山・石川・福井:27.9万円
・静岡28.8万円
・東海:34.0万円
・関西:35.9万円
・中国:31.7万円
・四国:27.2万円
・九州:29.2万円

こちらを見ただけでも、地域によっては10万円以上の違いがあることがわかります。もちろん平均額なので、あくまで目安と考えた方が良いですが、地域による相場観の違いがあることは明らかです。

そして、各地域でも都市部ほど個人差が大きいという傾向もあるようです。都市部の方がある意味、それぞれの価値観に合わせて自由に選択しているのかもしれません。逆に地方の方が相場平均は比較的まとまっている傾向があるようです。

ちなみに都道府県別にみると、上位には西日本地域が名を連ねているようです。

こういった地域による感覚の違いは実は見過ごせないポイントです。男性・女性それぞれが「大体これくらい」といった漠然とした相場感を持っている場合、やはり自分の出身の地域の感覚が影響していることが少なくありません。男性は彼女の出身地の相場を参考までに確認しておいた方がよいでしょう。

婚約指輪は男性の気持ちを形にしたものですから、値段のことはあまり口にすべきことではないかもしれません。しかし女性によっては、人生に一度の大切な指輪ということで夢を描いている人も少なくありません。双方の感覚違いによるトラブルを防ぐためにも、二人の感覚や価値観を事前にすり合わせておくことも大切です。

購入前に知っておきたい婚約指輪のコーディネート術

一般的に婚約指輪は婚約から結婚するまでの間、結婚指輪は結婚してから指にはめるもの、とされています。しかし婚約指輪を婚約期間以外につけてはいけないというわけではなく、結婚後も特別な日やドレスアップする日に使用する人や、日常使いする人も少なくありません。

結婚後に婚約指輪を使用する際は、結婚指輪と重ねづけするケースがとても多いようです。結婚指輪と婚約指輪のコーディネートについて考えてみましょう。

結婚指輪と婚約指輪のコーディネート例

◇アームを揃える

結婚指輪と婚約指輪のアームが揃っていると二つのリングに一体感が生まれます。最もきれいに収まるのは両方ストレートのタイプ。片方のリング、もしくは両方のリングがウエーブやU字、V字の場合は、カーブがうまく合わずリングの間に隙間が生じてにバランスが悪くなることもあるかもしれません。

一方で婚約指輪がダイヤモンドのソリティアタイプだったり、大き目のモチーフデザインがある場合は、婚約指輪がU字やV字だと、婚約指輪の中央のボリュームがある部分がきれいに収まって見える場合もあります。

◇華やか×シンプル

華やかな婚約指輪とシンプルな結婚指輪の組み合わせ、これは重ねづけの王道と言えるでしょう。結婚指輪は常に身につけ日常生活にも支障がないよう、シンプルなものを選ぶカップルが多いと思います。

一方で婚約指輪はダイヤモンドがついたものや、華やかなデザインが多いので、二つを重ねづけするとアーム部分のボリュームが増して、婚約指輪がより華やかに見えることでしょう。

◇デザインの統一

指輪のデザインは山ほどありますが、同じようなデザインでも系統やテイストがあります。二つのリングを重ねづけする場合、このテイストが合っているとより美しく見えることでしょう。

デザインを合わせる一番の方法は婚約指輪と結婚指輪を同じブランドで揃えることです。素材の色調やデザインの雰囲気、細部の仕上げ方法など、細かい部分が合うことで重ねづけの見映えが格段に変わってくるでしょう。

さらに言えば、多くのブランドで婚約指輪と結婚指輪のセットリングを用意していますので、セットリングを選択すればコーディネートは完璧です。重ねづけを踏まえたデザインとなっているため、ウエーブやU・V字タイプのリングでもきれいに重ねづけが可能です。一つでも美しい婚約指輪が、重ねづけによりさらに華やかに見えるでしょう。

◇地金のコーディネート

重ねづけの場合は地金を統一すると一体感ができます。同じ白い金属でも、プラチナ×ホワイトゴールドだと白味が違うということを考慮しておきましょう。逆にプラチナ×イエローゴールドなど、地金の色味をあえて変えることでコンビネーションリングのようにコーディネートを楽しむこともできるのできます。

◇エタニティを取り入れる

二つのリングを重ねづけするとき、一つがエタニティリングだととても華やかに見えます。一方がプラチナやゴールドのリングで、もう一方がエタニティという組み合わせは、地金のシャープなラインとエタニティの華やかな輝きで美しいコンビネーションリングのように見えます。

せっかく男性が愛する女性のために贈った婚約指輪ですから、しまいこまれてしまうのは勿体ない。婚約指輪も、結婚指輪との重ねづけを考慮して選ぶと、婚約指輪の登場回数が増えそうですね。

ブランド物の婚約指輪を選ぶときの注意点

婚約指輪は生涯のパートナーとなる女性に贈る大切なリングです。一世一代のプロポーズに贈る指輪の選択は最善を尽くしたいもの。高級ブランドのリングを選択する男性も少なくないのではないのでしょうか。

ここではブランドの婚約指輪を選ぶ際の注意点を整理したいと思います。

高額な価格設定

高級ブランドは質の高い商品を取り扱うという前提で、当然のことながら価格設定も高めになっています。その価格はブランドそのものの価値や信頼などもトータルで含まれるため、商品そのものの価値で比べるとノーブランドのものよりも高い買い物になることもあるでしょう。

これは良し悪しの問題ではなく、購入する側の価値観の問題です。高額な買い物でも好きなブランドで上質なサービスを受けることに満足をする人もいれば、商品そのものの品質に価値を見出す人もいます。購入する方、リングを贈られる方の価値観を確認しておきましょう。

サービス体制や窓口の確認

マリッジリングは長く使用するもので高額なことから、自動車の購入にもたとえられます。国内にあまり流通がない高級車Aと国内に流通の多い国産車Bとでは、どちらがメンテナンス体制が整っているかといえば、国産車Bの方が窓口も多くサービス体制も整っていることでしょう。リングの取扱店にもある程度同じことが言えます。

マリッジリングは長期的に使用するものなので、クリーニングやサイズ変更などのメンテナンスが必要です。取扱店や窓口がどれくらいあるか、サービス体制が整っているか、メンテナンス料金やアフターサービス内容なども確認しておきましょう。

購入は必ず直営店か公式ストアで

ブランド商品をできるだけ安く手に入れたいということで、直営店以外の量販店や、インターネット通販などで購入する方も多いでしょう。しかしこれは「質の保証」と「サービスの保証」の両面で注意が必要です。

偽物の商品を購入してしまうリスクも高く、正規のルートで購入しないことによりメーカーの保証が受けられないことも考えられます。

2人にとって記念となる大切な婚約指輪です。ブランドリングという選択をしたのであれば、正規取扱店での購入をおすすめします。

彼女の好み・価値観

サプライズのプロポーズでリングを用意する場合など、特に注意したいのが彼女の好みです。同じ高級リングなら、こっちのブランドの方が良かった、というようなこともあるかもしれません。

そもそも、婚約指輪は自分で、あるいは二人で選びたいという女性が実は8~9割もいるんだとか。サプライズのプロポーズには憧れるけど、せっかく高いお金をかけるなら、自分が納得いくリングを贈ってもらいたい、というのが女心の正直なところのようです。

また、前述にもあるように、ブランド品自体、喜ぶ女性もいれば興味がない女性もいます。同じお金を使うならノーブランドでダイヤモンドのグレードを上げたい、という女性も少なくありません。

せっかくのブランドの婚約指輪でしたら、彼女にも喜んでもらえるものを選びたいですね。二人の記念の指輪が、良い選択だったといえるような選択をしましょう。

ダイヤモンドの4C、人気のグレードは?

ダイヤモンドの「4C」には婚約指輪を購入した多くのカップルが頭を悩ませたことでしょう。カラットを取るべきか、カラーを重視すべきか・・・、悩みだすときりがないダイヤモンドの4C問題。
人気のグレードについて見てみましょう。

ダイヤモンドの4C、人気のグレードは?

ダイヤモンドの4C、選ぶ項目が4つもあるため悩ましいですね。果たして人気のグレードはそれぞれどれくらいなのでしょうか。
(これは複数の大手ブライダルジュエリーショップのデータを独自にまとめたものです。あくまでも参考にしてみてください。)

◇Carat(カラット) 重さ ・・・ 人気グレード「0.25~0.35ct」

ダイヤモンドにとって、大きさは大切な項目の一つです。カラットは正確には「重さ」ですが、実質カラットが大きいものほど、サイズも大きくなると考えてよいでしょう。

人気のラインは「0.3ct前後」。まさに大きすぎず小さすぎず、ソリティアのリングにしても見栄えのするサイズではないかと思います。

◇Color(カラー) 色 ・・・ 人気グレード「E~G」

白く輝くダイヤモンドは花嫁の象徴。白さにこだわって、上質なものを選ぶ人が多いようです。人気のラインは「E~G」。無色~ほぼ無色の上位に位置するグレードです。

◇Clarity(クラリティ)透明度 ・・・ 人気グレード「VS1~SI1」

ダイヤモンドの透明度、内包物の有無を表す項目です。選ばれているグレードは「ごく僅かな内包物~僅かな内包物」。傷や内包物が肉眼では確認できないレベルが人気のグレードのようです。

◇Cut(カット)輝き ・・・ 人気グレード「Excellent」

ダイヤモンドの輝きを決めるカット。カットを重視する人が非常に多いようで、人気のグレードは「エクセレント」。トリプルエクセレントやハート&キューピットを選ぶ人も少なくないようです。

全体的には4Cの中でも「カット」を最重視するカップルが多いようです。ダイヤモンドはカットによって輝きが変わるので、カットを重視する方が多いのも納得です。また「カラー」にこだわる人も少なくありません。やはりダイヤモンドの純白の輝きにこだわって、より無色透明な美しいダイヤモンドを選ばれるのだと思います。

ダイヤモンドの4Cはどれにすれば良いという正解があるわけではありません。日本ではカットやカラーを重視する傾向があるようですが、欧米では圧倒的にカラットを重視するようです。当然、予算との相談もあるので、全てを満足させることはなかなか難しいかもしれません。

迷った時には、二人が一番大切にしたいもの、という観点で考えてみてはいかがでしょうか。二人が決めたダイヤモンドであれば、それが最高の選択のはずです。二人で悩んで決めたことも後で良い思い出になるはずです。

ちょっとしたサプライズで婚約指輪を渡す方法

婚約指輪を贈る場面は、二人が結婚に向けてのスタートを切る大切な場面です。場所、演出、渡し方などは人それぞれ、まさにカップルの数だけやり方があると思いますが、ここでは「ちょっとしたサプライズ」について考えてみたいと思います。

完全サプライズのプロポーズは難しい?

「付き合っている彼から突然指輪を手渡され予期せぬプロポーズ」。多くの女性が憧れるサプライズプロポーズですが、最近では相手が全く予期しない完全なサプライズのプロポーズをするカップルは減ってきているようです。

実は婚約指輪は自分で、もしくは二人で選びたいという女性は8割を超えるという調査があります。突然指輪を差し出されてのプロポーズも憧れるけど、婚約指輪は自分で選びたい、という女性の本音といったところでしょうか。それも影響してか、最近ではあらかじめ二人の結婚の意思を確認したカップルが、二人で婚約指輪を選びに行くというスタイルが増えているようです。

婚約指輪の渡し方の工夫

例えお互いに結婚の意思を確認できていても、また婚約指輪を二人で選んだとしても、プロポーズや婚約指輪を贈る場面はしっかりと設けたいものです。

夜景のきれいなレストランや彼女が大好きな場所、二人にとって記念の場所など、ちょっと特別な場所で渡すのも一つです。なかなか書くことのない手紙を添えて贈ったり、彼女が偶然見つけるような場所に置いておくのも一つです。

大切なことは、大きなサプライズや演出よりも、彼が彼女に永遠の愛を誓いプロポーズをした、という事実なのです。

婚約指輪でできるちょっとしたサプライズ

2人で婚約指輪を選んだケースでも、婚約指輪で工夫できることをいくつかご紹介しておきましょう。

◇受取日を調整する

2人で指輪を選びに行っても、彼女にはデザインを決めるところまで見てもらい、その後の受け取りは彼が対応すれば、彼のタイミングで婚約指輪をプレゼントすることができます。また二人で聞いた受取日よりも早い日程での受け取りを別途手配したり、あるいは事前に内緒で受け取っておくといった工夫も可能でしょう。

思っていたよりも早いプレゼント、間に合わないと思っていた記念日に間に合った、といったちょっとしたサプライズは彼女にとても喜んでもらえるでしょう。

◇婚約指輪の刻印や内石などでサプライズ

マリッジリングにはリングの内側に刻印をしたり小さな石を留めるサービスがあります。結婚指輪は刻印するメッセージや記念の言葉を二人で話し合って決めるカップルが多いようですが、婚約指輪の刻印は彼が決めてみてもいいのではないでしょうか。

指輪のブランドやデザインは好みもあるので、彼女が選ぶ方が良いかもしれませんが、内側の刻印に彼からのメッセージが刻まれていたらとても喜ばれるのではないのでしょうか。

成功率を上げる婚約指輪の渡し方

婚約指輪は二人が生涯を共にするという愛の証です。大切な婚約指輪をどのように渡すかはしっかりと考えたいところです。といってもすべての人がドラマチックな演出を望むものでもありません。

大切な人が本当に喜んでくれるように、彼女のタイプを見極めて準備をしましょう。

思いきりドラマチックに演出

彼女のタイプ:ロマンティック派、ドラマチック派、お姫様タイプ

子供のころに読んだおとぎ話のお姫様のイメージを根強く持っている女性は少なくありません。そんな女性にとって結婚にまつわるイベントはその夢を叶える一生に一度の大切なチャンスでもあります。婚約指輪を贈る場面もロマンチックな演出が喜ばれるでしょう。

シチュエーションとしては「素敵なレストラン」「夜景のきれいな場所」「イルミネーションがきれいな場所」「テーマパーク」「教会」などはいかがでしょうか。

渡し方は、思いがけないサプライズなど、演出は様々だと思いますが、あなたは彼女にとっては王子様のようなものです。この日ばかりは、彼女にプリンセス気分を味わわせてあげましょう。

形にはこだわらない、ハートフルな演出

彼女のタイプ:形よりも中身派、面白好き、楽しいこと好き

女の子女の子していないタイプ、男性と対等につきあうタイプ、気取らない関係性の彼女は、ロマンチック演出は好まないこともあります。とはいえ、婚約指輪を渡す場面はしっかりと設けたいものです。シチュエーションも気取った場面より、日常の場面や、二人にとって記念となる場所を選んでみてはいかがでしょうか。

例えば「初めてデートした場所」「二人の思い出に残る場所」「二人の大好きな場所」「自分にとって大切な場所」「友人の前で」「家族の前で」などはいかがですか。

また渡し方も、さりげないものや、なごむもの、笑えるもの、楽しめるものなど、大がかりでなくても、印象に残る方法はいくらでもあります。二人のこれまでのお付き合いを振り返って、彼女が最も喜んでくれるシチュエーションを考えてみましょう。

演出は逆効果

彼女のタイプ:現実的、恥ずかしがり屋

現実的なタイプ、クールなタイプ、恥ずかしがり屋の女性は、過剰な演出は逆効果になりかねないので注意が必要です。一般的なマニュアルやアドバイスに惑わされることなく、彼女にしっかりと思いが伝わるような婚約指輪の贈り方を考えましょう。彼女にとって大切なことはシチュエーションや演出よりも、あなたが婚約指輪を贈ったという事実です。

このようなタイプは人前で渡されるのは苦手という人が少なくありません。自宅や外泊先など二人の空間で渡す方が賢明です。また渡し方の一つとして「別れ際に渡す」「送る」「わかるところに置いておく」など直接渡さない方法も良いかもしれません。ただしその場合も手紙やカードなど気持ちを伝えることを忘れないようにしましょう。

プロポーズをするベストなタイミング

結婚を意識するタイミングは人それぞれですが、20代後半以降になると付き合って1年前後で意識をするという人が少なくないようです。

とはいえ、実際にプロポーズをするとなると男性にとっては一世一代の大きな決断となります。

男性がプロポーズを決断するタイミングを考えてみましょう。

年齢

女性はやはり30歳という年齢が一つの区切りになるでしょう。30歳を迎える前に、20代のうちの結婚を望む女性も少なくありません。男性は女性ほど年齢を気にしないとはいえ、30歳は一つの目安と言えるでしょう。

男性・女性のいずれかが30歳を迎える時期は一つのタイミングと言えます。

周囲の影響

友人や会社の同僚など、周囲の人の結婚は影響を受けやすい出来事の一つです。親しい人はもちろんのこと、同年代の人たちが結婚をすると、急に結婚が身近に感じられてくるものです。知人が結婚した、子供が産まれた、といった話は、家庭を築くことを急速に意識するきっかけになります。周囲の変化は自分の人生設計を考えるタイミングになるでしょう。

また周囲からの結婚のすすめは効果が高いこともあります。当人同士が意識していなくても、相手の家族や自分たちの友人から結婚をすすめられることで思いがけず気持ちが高まることもあるでしょう。

仕事の転機

男性は女性が思っている以上に結婚というものに責任を感じている人が多いようで、結婚は自分が一人前になってから、といった慎重な考えを持っている人が少なくないようです。

そのため、仕事や収入面がある程度安定した、と感じることができた時がプロポーズのタイミングになることもあるようです。昇進、転職、転勤、起業などは男性にとって重要なきっかけの例でしょう。

授かり婚

近年では授かり婚が多くなっています。一つにはこれほど決定的なことがないと、結婚に踏み切らない男性やカップルが増えているとも言われています。二人だけなら結婚という形式にこだわらない、というカップルでも、子供ができると家族という形式を意識するもの。これも一つの大切なきっかけと言えるでしょう。

結婚の時期は人それぞれですから、プロポーズする側、される側ともに、タイミングは一概に計れるものではありません。なかなか二人のタイミングが想定通りにいくものではないかもしれませんが、だからこそプロポーズは重要な忘れがたいイベントになるとも言えます。

デート中に何気なく「結婚するならこんな指輪をつけたいな」と言いながらジュエリーショップを覗いてみるのも、二人の将来を考えるきっかけになるかもしれませんね。

婚約・結婚指輪の表面加工の種類まとめ

婚約指輪や結婚指輪のデザインは、アームの形、石のセッティング方法、メレダイヤの有無、地金の素材など、数々の要素が組み合わさって出来上がります。

ちょっとしたことで指輪の印象が大きく変わるので、色々と研究が必要です。

ここでは「表面加工」についてまとめてみました。最近のジュエリーブランドでは、リングのデザインを選んだ後に、地金の加工を選べるようになっているところも少なくありません。お二人の好みのリングに仕上げるためにも、色々な加工方法を見てみましょう。

ミラー(鏡面)仕上げ

地金そのものの輝きを活かした、最もポピュラーな仕上げ。表面をピカピカに磨き上げることで、金属自体の光沢のある輝きが出ます。

メタリック仕上げ、ポリッシュ仕上げ、とも呼ばれます。

ホーニング仕上げ(マット加工)

研磨剤を吹き付け地金の表面に細かい傷をつけることで、金属特有のつやを抑える加工です。柔らかい輝きになり、しっとりと落ち着いた質感を出します。多くのジュエリーブランドが取り入れている加工です。マット加工を選択できるようになっているブランドも多いようです。

ヘアライン加工

直線的な細かい線を一定方向に施す加工です。マット加工より輝きがあり、クールでシャープな印象で男性にも人気の加工です。こちらも多くのブランドで取り入れている加工の一つです。

ハンマー仕上げ(槌目)

文字通りハンマーで地金の表面をたたいて槌目をつける加工で、職人の技が光る加工の一つです。一つとして同じリングができないことから、結婚指輪などに選ぶ人も少なくないようです。たたくハンマーの種類でもだいぶ印象が変わります。

平面や丸面でたたいた槌目は、ぬくもりのあるラフなテクスチャーになります。デザインによってはアンティークな印象にもなりますし、ワイルドな仕上がりになることも。

線状のハンマーでたたいた槌目は、樹木の表面のような、涼しげな仕上がりに。

サティーン仕上げ・サテン仕上げ

極細の線を交差させるように無数に入れた加工です。サテンのように上質な柔らかい光沢になります。

ダイヤモンドダスト仕上げ、スターリー仕上げ

表面をダイヤモンドで細かく彫るように加工することで、無数の断面を作ります。光を乱反射させるため、きらきらと輝く仕上がりになります。

随分いろいろな加工方法がありますね。同じデザインでも、地金の表面加工を変えるだけで、別のリングのようになりますので、是非見比べてみてください。

ミラー仕上げとマット加工など、2種類の異なる加工を一つのリングに施して、それ自体をデザインにしたリングも多数あります。

婚約指輪よりも地金の存在感が大きい結婚指輪のほうが、特に表面加工の効果が大きく感じられると思います。結婚指輪を選ぶ際には、地金の表面仕上げ・加工についても検討してみてください。

婚約指輪のアームの種類まとめ

婚約指輪のデザインは無数に存在します。石のセッティング方法、爪の有無や数、メレダイヤの数や配置など、複数の要素でリングの印象が大きく変わってくるので、色々なデザインを見比べてみましょう。

ここでは、アームの種類についてまとめてみました。アームとはリングそのものの形のことです。アームはリングのフォルムを左右しますので、大きな要素です。ご自身の手指に合うアームを研究してみましょう。

ストレート

文字通りアームのラインがストレートのシンプルなデザインです。ストレートのソリティアリングは婚約指輪の王道といってもよいデザインでしょう。

比較的どのような手指にも合うデザインですが、指が長めの方が美しく決まるデザインです。手指が華奢な人には細めのストレートがおすすめです。

結婚指輪もストレートのアームを選べば、重ねづけをしてもぴったりと重なり一体感を出すことができます。

V字

正面から見てV字を描いているアームです。縦のラインが強調され、指の根元を下げて見せる効果があるので、手指が長く見えるデザインです。ダイヤモンドの留め方やメレダイヤの有無にもよりますが、V字のリングは比較的シャープなデザインが多いのではないかと思います。

U字

V字アームよりももう少しゆるやかなラインを描くアームです。V字と同様、指の根元を下げて見せるため、指長効果もありつつ、V字よりも柔らかい印象です。

S字(ウエーブ)

Sを横にしたような曲線が特徴のアームです。指の根元で高低を出すデザインのため、指を長くまっすぐ見せてくれる効果があります。流れるようなフォルムなので、エレガントで柔らかいデザインのリングが多いようです。

X字

二本のリングがクロスしたようにX字を描くアームです。V字と同様に、指の根元を下げて見せる効果もありますし、二本の直線がシャープな印象を与えるデザインです。ただし幅が出やすいデザインなので、比較的手が大きめの人、手指が長い人の方が映えるデザインでしょう。

1 2 3 4 5 6 7 8 9
Category
New
人気のエントリー