pixta_15887079_L

婚約指輪は結婚後はしまったままにする?使い道ってあるの?


彼からのプロポーズの記念にもらった婚約指輪。
婚約している証として、貰ってからは嬉しくて外出時には毎日のように身につけている方も多いでしょう。
一目で「婚約中」と分かるので、婚約指輪をしている女性は幸せに溢れているように見えます。

そんな婚約指輪も、結婚後にはどうなってしまうのでしょう。
結婚指輪の使い道についてご紹介していきます。

結婚後に迎えるイベント時には活躍

結婚すると、さまざまなイベントが待ち構えています。
親戚が増えるので結婚式に参列する機会も多くなるかもしれません。
お互いの友達の結婚式に夫婦で参列することもあるでしょう。
そんなフォーマルな席では、婚約指輪が華やかさをアップさせます。
結婚指輪よりゴージャス感が増し、フォーマルなドレスにはぴったりです。

また、子供が生まれると入学式や卒業式という場面でも活躍します。

外出する時には結婚指輪よりも婚約指輪

結婚指輪と違って、婚約指輪は普段使えるものではないでしょう。
つけたままにしておくと、洋服にひっかかったり、傷がついたり、失くしてしまったらどうしようと「保管したまま」という人も多いです。

でも、結婚したからと言って、婚約指輪をしまったままなのはもったいないです。
彼の気持ちがたくさん詰まっている指輪ですから、外出のたびに身につけ周囲にアピールしたいものです。

結婚しても二人で出かける機会は多々あります。
子供が生まれるまでは、恋人同士の時のようにいろいろな場所にデートに行くものですよね。
時にはオシャレをしてレストランで食事などに出かけることもあると思うので、つけていくと彼も嬉しいのではないでしょうか。

周囲に幸せをアピールできる婚約指輪

結婚指輪はもちろん、婚約指輪をしている女性を見ると「幸せ」な印象が周囲にまで伝わってきます。
友達の家にお呼ばれしたり、お互いの実家に遊びに行くときは「婚約指輪」をつけていくことで、より幸せが伝わることでしょう。

お互いの両親も、二人の幸せを再確認できて嬉しいのではないでしょうか。

また、親戚が増えて、挨拶に行く場面も新婚当初ならあるでしょう。
そんな時にも、幸せアピールのために結婚指輪と婚約指輪を同時に重ねづけしたりするのもお勧めです。

世間では結婚後も婚約指輪をつけているかどうかで、二人の仲良し度が分かる・・・などとも言われています。

結婚指輪と違って、婚約指輪は女性の手を美しく華やかにするので、フォーマルな時やちょっとしたお出かけの時には、是非つけてみましょう。

婚約指輪を見るたびに、幸せな気分になるかもしれません。