婚約指輪を選ぶ時に知っておきたい予算相場とは?


婚約指輪はプロポーズには欠かせないもの。
女性ならば「婚約指輪」と「プロポーズ」には、憧れと理想を抱いているものでしょう。

しかし、実は現実的な問題も隠されています。それは「費用」。
婚約指輪は、いくらくらいが世間の相場なのでしょうか。

婚約指輪は彼の給料を基準にして選ぶの?

かねてから「プロポーズで指輪を渡すなら給料の3か月分」などと言われることが多かったものですよね。
それが浸透してしまったせいか、給料の何か月分かを婚約指輪につぎこんでしまう男性も多かったのではないでしょうか。

しかし、これは昔の話。そもそも、この給料3か月分という設定は、昔の貴金属店の広告のフレーズとして世間に知れ渡ったということらしいのです。

給料で婚約指輪を購入するとなると、男性の収入によってかなりの幅が出てしまうものですよね。

では、実際にはどのくらいの金額の婚約指輪を購入する人が多いのでしょうか?

婚約指輪の相場は平均するとどのくらい?

全体的に見て平均すると、40万円前後という結果になっています。あまりにも高額な指輪は女性側からすると嬉しい反面、「身に着けるのがもったいない」「失くした時に大変」という心理となるようです。

また、ブランドによってもだいぶ価格の幅があるので、彼だけで選ぶ場合も、二人で選ぶ場合も自分の予算と考えでしっかり選びたいものです。

海外ブランドは知名度が高いが価格が高め

人気が集中しているのは、カルティエ・ティファニー・ブルガリと言った高級ブランド。知らない人がいないほど知名度が高いですよね。
周囲を見渡しても、持っている人がいるのではないでしょうか。そのため、女性達の憧れもまた海外ブランドに集中しているようです。

カルティエ・ブルガリでは50~60万円程度、ティファニーでは40~90万円と幅があります。

日本ブランドは比較的リーズナブル

海外ブランドは人気が集中しているので、周囲の人と同じようなものとなってしまう可能性もあるでしょう。
また、金額設定はだいぶ高いので手が出ないという男性も多いかもしれません。

そこでおススメなのが日本のブランド。

ヴァンドーム青山やミキモトでは35万円前後、4℃では20~40万円と海外のものよりは比較的リーズナブルとなっています。

安さを選ぶか、高くてもアフターサービスを含めたいかで金額も変わる

一般的な日用品と違って、婚約指輪は材料やデザイン、ブランドにより価格が異なります。そのため、価格帯にも幅があるのが現状です。
仮に同じようなデザインであっても、有名ブランドであれば、それなりに宣伝費の部分が上乗せされることも多くの方がご存知のことでしょう。

またブランド品の場合は、それなりに高くつきますが女性心を満足させることもできるとも言えます。
また、ブランド品を買うことで、今後のアフターサービスも購入できるという考えもあります。

婚約指輪も長く使うことでメンテナンスが重要です。しっかりとした手入れを行ってくれる宝石店はありがたいですよね。

広告費やアフターサービスの分を上乗せしてでも高く購入したいほど予算のある人もいるでしょうし、今現在ギリギリしか出せない人もいるでしょう。

もしパートナーと婚約指輪について話しあえる関係性であるならば、購入前にしっかりと話し合っておきたいものですね。