婚約指輪は絶対欲しい?そんな女性の心理とは


結婚指輪と違って婚約指輪については「必要である」と考える人も「不要だ」と考える人もそれぞれいます。
必ずいるものか?と聞かれると、それは人それぞれということになるでしょう。

しかし「絶対に婚約指輪が欲しい」と考える女性の心理にも理由が隠されているでしょう。

結婚指輪は必ず欲しい!その理由ってどんなもの?

結婚する時には「結婚指輪」が必要となります。結婚指輪は長く使用するもの。
絶対必要と考える人が大多数でしょう。

それならば「短期間しか使用しないイメージの強い婚約指輪は特にいらないのでは?」と考える男性も結構多いのではないでしょうか。
それに、結婚式だけでなく今後の生活のためには、婚約指輪にかける費用を抑えたいと感がるのが普通の気持ちかもしれません。
結婚式や新婚旅行に始まり、新居などには多くの出費が避けられませんよね。
いくら二人でお金を出し合うとはいえ、貯金があまりない男性にとっては厳しいと感じることもあるものです。

しかし、女性たちの声を聞くと「婚約指輪は絶対欲しい」という女性もいます。
すべての女性がそうというわけではないのですが、絶対欲しい派の女性にはこんな理由が隠されています。

「彼の自分に対する気持ちがそれで分かる気がする」
「プロポーズされた記念として一生残るから」
「もらった時の感動を味わいたい」

どうやら、婚約指輪を渡されることで、男性の気持ちの証として実感したいと考える女性達の心理が隠されているようです。
彼が自分の事を想っていることを形として実感したいのでしょう。

しかし、いくら婚約指輪を貰っても「結婚しよう」という言葉がなければ、彼女的にはあまり嬉しくないのかもしれません。

婚約指輪というものと「結婚しよう」という具体的なプロポーズの言葉、それが重なり合って初めて彼女の感動を生むことができるようです。

今じゃなくてもいい?

結婚にはカップルの数だけの形があります。婚約から結婚までの期間が長い人もいれば、短い人だっています。

結婚資金がたくさんある人もいれば、ほとんど貯金がないまま結婚する人だっているでしょう。

しかし、大事なのは二人がこれから一緒に生きていくという気持ち。
「婚約指輪」がなくても、それが二人で出した答えならば何の問題もなさそうです。

ただ、女性側の意見としては「実は欲しい」という彼に対しての遠慮の気持ちが隠されていることが多々あります。

そんな健気な女性のために「いつかは贈りたいな」という男性もいるでしょう。実は、婚約指輪は後で贈ってもいいのです。

もし婚約指輪だけでなく正式なプロポーズもできなかったという後悔がある男性は、結婚記念日という節目にもう一度婚約指輪を贈ってプロポーズをし直す・・・なんていう、粋な演出も素敵ですよね。

二人の愛を確かめるには、1年後でも5年後でも、10年後でも構いません。

「遅くなったけど僕の気持ちはいつでも変わりません。改めて結婚して下さい。」

こんなセリフとともに婚約指輪を渡せたら、きっと彼女も喜ぶのではないでしょうか。