女性の憧れ「婚約指輪」はいつつけるの?結婚後もつけてOK?


彼にプロポーズされた時、または彼との結婚が決まった時に贈られる「婚約指輪」。
貰った瞬間から彼の愛を感じて見るだけで、嬉しくなってしまうものです。

そんな婚約指輪ですが「いつつけるの?」「結婚したらつけられないの?」と悩む人も多いかもしれません。

そこで、どんなタイミングでつけたらいいか、結婚後にはどうなるのかについてご紹介していきます。

婚約指輪はいつつける?

基本的に婚約指輪は「いつからつけなければならない」という決まりや風習はありません。
そのため、貰った瞬間からつけてもいいでしょう。
せっかく彼が高価なお金で購入してくれたもの、受け取った瞬間から身に付けたいですね。

また「自分は婚約中である」という幸せをアピールできるものである婚約指輪。
せっかくなので、毎日のように身につけ「幸せです」という気持ちを周囲にアピールしてみたいですよね。
婚約期間中ならではのものでしょう。

ただ、婚約指輪は大きな石がついているなどデザイン的に派手な感じがすることが多いので、TPOに合わせて身につけるのがいいかもしれません。

事務仕事をしている時などは、職場の雰囲気にそぐわないこともあるでしょうし、また大きな石がデザインされていることから「いつの間にか失くしてしまった」というリスクの可能性もあります。
大切なものですから、仕事や家事、何かの作業の時には洋服に引っかかってしまう可能性もあるので、外しておくのがベストかもしれませんね。

婚約指輪は結婚後にはつけられないの?

「婚約」という名前がついているので婚約期間限定?と考える人も多く、「結婚」したらつけられないものかと考えてしまいますよね。
そう考えると、つけられる時間が短くてもったいない気がするというのが正直な意見かもしれません。

しかし、婚約指輪は結婚後もつけられます!
結婚指輪と違って、婚約指輪は豪華なデザイン。
ちょっとしたイベントの時に、服装に合わせて身につけることで、華やかになるものなのです。

・子供の入園式、入学式、卒業式

子供が生まれた後に、フォーマルなシーンは多々あります。
こんな時、結婚指輪と婚約指輪を重ねづけすることで、より華やかさがアップします。

・夫婦で外出する時

結婚後には二人で食事などデートに行くこともありますよね。
そんな時には、アクセサリー感覚でつけると気分も高まります。

・幸せをアピールする時

結婚後には、お互いの実家を訪れることも多いものです。
この時に、婚約指輪をつけておくことでお互いの両親に夫婦円満だということアピールできます。
二人の幸せは親の幸せにも繋がりますよね。

結婚後もつけられる婚約指輪がおススメ?

このように結婚後も婚約指輪をつけるシーンはたくさんです。
現在人気なのが、セットリングというものです。
結婚指輪と婚約指輪を重ねづけできるデザインとなっているのが、注目の理由です。

このタイプのデザインは、ダイヤの華やかさももちろんありますが、どんな洋服にもマッチする上品さがあります。

結婚後も彼女に身につけてもらいたいという男性は、シンプルかつ華やかなセットリングを購入するという手段もおススメですよ。