150年以上の歴史を持つ“FURRER JACOT(フラー・ジャコー)”の情熱


スイスのシャフハウゼンにアトリエを構えるフラー・ジャコーは、リングのデザインだけではなくお客様の個々の望みを叶えることを大切に、最高クラスの品質基準を定めています。

 “FURRER JACOT(フラー・ジャコー)”のブランドヒストリー

1858年、一人のゴールドスミス(貴金属細工師)が、ライン川沿いのスイスのシャフハウゼンに小さな宝飾店を開きました。彼の名はジャン・ジャック・アルベンツ。シャフハウゼンには中世から宝飾品を作成する職人の感性を刺激する自然環境と要素が揃っていました。

1943年、長年にわたり創業者ファミリーと親交のあったフリッツ・フラーが事業を引き継ぎ、スイスのフランス語圏で育ったルシェンヌ・ジャコーと結婚して「フラー・ジャコー」が誕生しました。二人は伝統を大切にしながら創造性に溢れ、優れた宝飾技術を作り出し、その技術は現在まで引き継がれています。

また、フラー・ジャコーのロゴマークにはライン川を表すブルー、背景は雪を表す白とし、 スイスの自然豊かな情景を表現。そして、ブルーのラインで挟まれたシャフハウゼン、二人のイニシャルであるFとJがデザインされています。

 “FURRER JACOT(フラー・ジャコー)”の「削りだし」製法

フラー・ジャコーは「削りだし」という製法を取り入れ、この製法に合うように、製品の原材料は、初期の工程で圧縮され貴金属の密度が高くなるように設定されています。そのため出来上がったリングは硬度が高く、歪みやひずみがなく、キズがつきにくいうえ、上品で美しい色合いを醸しだします。

「練り込み」された原材料を板状に加工し、指輪の原型であるドーナツ型に型抜きします。そのマテリアルをCNCマシーンにて「削り出し」ていきます。実際に出来上がったリングは元のマテリアルを削り出して作るため、原形の40%位しか残らないという、とても贅沢な作り方がされています。

一度に大量生産をすることは出来ませんが、だからこそ”永遠の象徴”といえる揺らぐことのない「真円」を実現することが出来ます。

リングはシャフハウゼンで一つひとつ丁寧に制作され、金属素材の選定、リングの幅、 ダイヤモンドセッティングは、高度に熟練した職人(クラフトマン)が担当しています。

フラー・ジャコーは、最高品質の金属素材を扱う熟練職人の創造性を刺激し続ける環境のもと、 「伝統的な価値」とともに、永遠に魅力を失わないリングをデザインすることを目指しているということです。

 “FURRER JACOT(フラー・ジャコー)”のブライダルリング

 キーワードは「削りだし」「真円」「熟練した職人の技」

原材料、ハイテク機器、そして熟練した職人の技術とプライド、これらのすべてがひとつになって、いつも指にやさしくフィットし、いつまでも真円を保つフラー・ジャコーのリングが生まれるのです。デザイン性など、目に見える美しさだけでなく、肌で感じる心地よさというクオリティを届けることも、フラージャコーというブランドのこだわりなのです。

 “FURRER JACOT(フラー・ジャコー)”二人だけのメッセージ刻印

 刻印にも二人らしい個性を

フラー・ジャコーでは素敵な刻印をご用意しています。大学の音楽のサークルにて知り合ったというお二人は♪マークを。またハートのリングにハートの刻印を入れたラブラブなお二人も。刻印に十字架をかたどったダブルクロスを入れるのも人気となっているようです。

リングだけでなく、刻印にもお二人らしい個性を刻んでみてはいかがでしょうか。