類まれなるノウハウ、世界の“Chopard(ショパール)”リングは至高の輝き


“Chopard(ショパール)”のブランドヒストリー

 「エクセレンス」の伝統

1860年、ソンヴィリエという小さな村で全てがはじまりました。若き才能に溢れる時計職人、ルイ‐ユリス・ ショパールが、この地に工房を設立したのでした。彼の製造する高い信頼性と精度を誇る時計の評判は、またたくまに東ヨーロッパ、ロシア、スカンジナビアの愛好家や時計販売業者たちの間に広がりました。

現在のショパール

カンヌ国際映画祭のオフィシャル・パートナーとして知られ、ハリウッド女優にもファンが多いショパール。高級時計の製造で培った高度な技術で作り出されたモダンで独創的なジュエリーは、創業150年を経たいまも色あせることなく、世界を魅了している。

“Chopard(ショパール)”のダイヤモンド

5C

C: ショパール | C: カラット | C: クラリティ | C: カラー | C: カット |

ショパールでは、ダイヤモンドの蛍光の度合いについて「none(なし)」から「faint(弱い)」のみを使用しています。最も美しく最も品質の高いレベルのダイヤモンドのみを個別にひとつひとつ選別。ダイヤモンドは専門家が10倍の拡大ルーペで確認し、11の公式グレードに分類されますが、ショパールではそのなかでも最も透明度の高いダイヤモンドを使用しています。

“Chopard(ショパール)”のブライダルコレクション

宝石の魅力を最大限に生かす

ショパールのハイジュエリーの魅力は、宝石の魅力を最大限に生かしたモダンで独創的、かつ繊細なデザイン。ブライダルのコレクションにも、ショパールのハイジュエリーに込められたこだわりが引き継がれています。セミオーダーリングは、注文を受けてから一つ一つジュネーブの工房で手作りされるというこだわりぶりです。

 ハートモチーフ

デザインで特筆すべきはハートのモチーフ。ハートはショパールを象徴するモチーフとして知られ、ブライダルのコレクションには、ため息が出るほど美しいハートシェイプカットのダイヤモンドをあしらったソリティアリングをはじめ、ハート型の台座がダイヤモンドを支える可憐なリングなどが揃います。ハートといえども決して子どもっぽくはなく、大人の女性の美しさを際立たせるデザインもショパールならでは。花嫁を幸せな気分に誘ってくれるエンゲージメントリングは、世界の女性たちの憧れの的となっている。

“Chopard(ショパール)”のブライダルリング

エンゲージメントリング

不変の輝きを放つダイヤモンドは、世界で一番大切な約束の証。男性がもっとも愛する女性へと贈るのは、幸せに満ち溢れた女性の指で、永遠の誓いとして輝くソリテールリングです。さまざまなカットのダイヤモンドがセットされたショパールのエンゲージメントリングは、メゾンの類まれなるノウハウの結晶。至高の輝きを放ちます。

※ソリテール…リングにひとつの宝石が付いていて、そのまわりに装飾がほどこされていないもの。 1つだけという意味です。

ショパールのアイコニックエンゲージリング

ショパールのブライダルコレクションは、二人が夢に描いたカッティングを個別に施し、数限りないバリエーションを提案。伝統的な石のセッティング法や、その他の大胆な手法により、カラーやクラリティにおいて最高級のダイヤモンドを際立たせています。ショパールのアイコニックエンゲージリングはWebサイトにてご確認下さい。また、お二人が夢に描いたソリテールをショパールにお気軽に相談することが出来ます。

 “Chopard(ショパール)”のカスタマーサービス

ショパールでは、150年に渡って、優れた品質を誇る時計とジュエリーを販売してきました。この伝統と技術を継承し続けたいという強い意志のもとに、世界中の正規取扱店とサービスセンターで、その目標を達成すべくカスタマーサービスを提供しています。サービスおよび修理については、現在のモデルはもとより、歴史的なモデルについての専門技術も持つ時計職人、宝石職人、研磨職人たちによって提供されています。

創業150年という長い歴史と伝統を持つ“Chopard(ショパール)”なら、安心して一生物のブライダルリングを選ぶことが出来そうですね。