ブランド物の婚約指輪を選ぶときの注意点


婚約指輪は生涯のパートナーとなる女性に贈る大切なリングです。一世一代のプロポーズに贈る指輪の選択は最善を尽くしたいもの。高級ブランドのリングを選択する男性も少なくないのではないのでしょうか。

ここではブランドの婚約指輪を選ぶ際の注意点を整理したいと思います。

高額な価格設定

高級ブランドは質の高い商品を取り扱うという前提で、当然のことながら価格設定も高めになっています。その価格はブランドそのものの価値や信頼などもトータルで含まれるため、商品そのものの価値で比べるとノーブランドのものよりも高い買い物になることもあるでしょう。

これは良し悪しの問題ではなく、購入する側の価値観の問題です。高額な買い物でも好きなブランドで上質なサービスを受けることに満足をする人もいれば、商品そのものの品質に価値を見出す人もいます。購入する方、リングを贈られる方の価値観を確認しておきましょう。

サービス体制や窓口の確認

マリッジリングは長く使用するもので高額なことから、自動車の購入にもたとえられます。国内にあまり流通がない高級車Aと国内に流通の多い国産車Bとでは、どちらがメンテナンス体制が整っているかといえば、国産車Bの方が窓口も多くサービス体制も整っていることでしょう。リングの取扱店にもある程度同じことが言えます。

マリッジリングは長期的に使用するものなので、クリーニングやサイズ変更などのメンテナンスが必要です。取扱店や窓口がどれくらいあるか、サービス体制が整っているか、メンテナンス料金やアフターサービス内容なども確認しておきましょう。

購入は必ず直営店か公式ストアで

ブランド商品をできるだけ安く手に入れたいということで、直営店以外の量販店や、インターネット通販などで購入する方も多いでしょう。しかしこれは「質の保証」と「サービスの保証」の両面で注意が必要です。

偽物の商品を購入してしまうリスクも高く、正規のルートで購入しないことによりメーカーの保証が受けられないことも考えられます。

2人にとって記念となる大切な婚約指輪です。ブランドリングという選択をしたのであれば、正規取扱店での購入をおすすめします。

彼女の好み・価値観

サプライズのプロポーズでリングを用意する場合など、特に注意したいのが彼女の好みです。同じ高級リングなら、こっちのブランドの方が良かった、というようなこともあるかもしれません。

そもそも、婚約指輪は自分で、あるいは二人で選びたいという女性が実は8~9割もいるんだとか。サプライズのプロポーズには憧れるけど、せっかく高いお金をかけるなら、自分が納得いくリングを贈ってもらいたい、というのが女心の正直なところのようです。

また、前述にもあるように、ブランド品自体、喜ぶ女性もいれば興味がない女性もいます。同じお金を使うならノーブランドでダイヤモンドのグレードを上げたい、という女性も少なくありません。

せっかくのブランドの婚約指輪でしたら、彼女にも喜んでもらえるものを選びたいですね。二人の記念の指輪が、良い選択だったといえるような選択をしましょう。