プロポーズをするベストなタイミング


結婚を意識するタイミングは人それぞれですが、20代後半以降になると付き合って1年前後で意識をするという人が少なくないようです。

とはいえ、実際にプロポーズをするとなると男性にとっては一世一代の大きな決断となります。

男性がプロポーズを決断するタイミングを考えてみましょう。

年齢

女性はやはり30歳という年齢が一つの区切りになるでしょう。30歳を迎える前に、20代のうちの結婚を望む女性も少なくありません。男性は女性ほど年齢を気にしないとはいえ、30歳は一つの目安と言えるでしょう。

男性・女性のいずれかが30歳を迎える時期は一つのタイミングと言えます。

周囲の影響

友人や会社の同僚など、周囲の人の結婚は影響を受けやすい出来事の一つです。親しい人はもちろんのこと、同年代の人たちが結婚をすると、急に結婚が身近に感じられてくるものです。知人が結婚した、子供が産まれた、といった話は、家庭を築くことを急速に意識するきっかけになります。周囲の変化は自分の人生設計を考えるタイミングになるでしょう。

また周囲からの結婚のすすめは効果が高いこともあります。当人同士が意識していなくても、相手の家族や自分たちの友人から結婚をすすめられることで思いがけず気持ちが高まることもあるでしょう。

仕事の転機

男性は女性が思っている以上に結婚というものに責任を感じている人が多いようで、結婚は自分が一人前になってから、といった慎重な考えを持っている人が少なくないようです。

そのため、仕事や収入面がある程度安定した、と感じることができた時がプロポーズのタイミングになることもあるようです。昇進、転職、転勤、起業などは男性にとって重要なきっかけの例でしょう。

授かり婚

近年では授かり婚が多くなっています。一つにはこれほど決定的なことがないと、結婚に踏み切らない男性やカップルが増えているとも言われています。二人だけなら結婚という形式にこだわらない、というカップルでも、子供ができると家族という形式を意識するもの。これも一つの大切なきっかけと言えるでしょう。

結婚の時期は人それぞれですから、プロポーズする側、される側ともに、タイミングは一概に計れるものではありません。なかなか二人のタイミングが想定通りにいくものではないかもしれませんが、だからこそプロポーズは重要な忘れがたいイベントになるとも言えます。

デート中に何気なく「結婚するならこんな指輪をつけたいな」と言いながらジュエリーショップを覗いてみるのも、二人の将来を考えるきっかけになるかもしれませんね。