婚約指輪のセッティングの種類まとめ


婚約指輪といえば、ダイヤモンドが輝くリングを思い浮かべる方も多いでしょう。しかし婚約指輪は必ずしも一粒ダイヤの立爪リングばかりというわけではありません。婚約指輪に多く見られる代表的なデザインをご紹介します。

ソリティア・立爪

これは最も「婚約指輪らしい」セッティング方法と言えるでしょう。

ソリティアとは一粒の石を数本の爪で留めるセッティング方法のこと。リングの上に出っ張って石が留められるため高さが出て、ゴージャスなリングになります。

石を留める爪の数は6本か4本が一般的ですが、爪の数によっても印象が変わります。

指から石部分の高さが出るため、日常的に使いづらいと敬遠する方もいますが、逆に一生に一度の婚約指輪だからこそこのスタイルのリングを選ぶ方も多いようです。高さがあるため光が入りやすくダイヤモンドを最も美しく見せるセッティング方法とも言われています。

パヴェセッティング

パヴェとはフランス語で「石畳」「敷石」という意味です。リングに複数のメレダイヤモンド(小さなダイヤモンド)を敷き詰めたデザインです。

メレダイヤモンドの結集により無数の輝きを放つため華やかなリングになります。更に中央にセンターストーンを置くデザインであれば、主役の石を美しく引き立てる役割を果たします。

このうち同じサイズ、同じカットの石を一列に連ねたデザインを「エタニティリング」といいます。リングの全周にセッティングしたものは「フルエタニティ」、半周にセッティングしたものは「ハーフエタニティ」と呼ばれています。

ベゼルセッティング・ふくりん留め

石を爪で留めるのではなく、地金の輪で石を囲うように台を作り、伏せこんで固定したセッティング方法です。爪がないため引っかかりが少ないところがメリット。

同じベゼルセッティングでも石の高さの調整やリングのデザインによって印象はだいぶ変わるでしょう。クラシカルな印象もありつつ、逆にモダンだと感じる方も少なくないデザインです。

テンションセッティング

テンションとは張力の意味。テンションセッティングとは地金の張力を利用して石を左右2か所から留めるセッティング方法です。

これはドイツのジュエリーブランド「ニーシング」が発表した「ニーシングリング」で世に知られることとなったセッティング方法です。それまで必須と思われていた石座も爪も使わずに石を留める画期的なリングとして一躍有名になりました。横から見るとアームの継ぎ目に石が浮いたように見えるデザインです。ユニークなデザインがお好みの方は必見です。

伏せこみ

リングの地金に穴を掘り、石を取り囲むようにして留めるセッティング方法です。爪がなく出っ張りも少ないので引っかかりにくいデザインです。

セッティングだけでも様々な留め方がありますね。セッティングは大切な石をしっかりと固定するという役割だけでなく、リングのデザインにも大きくかかわってきます。大切な婚約指輪に何を求めるのかによって、セッティング方法の選択も変わってきそうですね。