婚約指輪の失敗しないサイズの測り方


彼女の指輪のサイズを確認して婚約指輪を用意したのにサイズが合わない、ということは実はよくあることだそうです。

なぜそのようなことが起こるかというと、人間の指は一日の間でも微妙にサイズが変わり、また季節によってもサイズが変わったりするからです。

彼女の指にぴったり合う婚約指輪を選んで、プロポーズを成功させるためにも、婚約指輪のサイズの測り方について整理しておきましょう。

サイズの変化について

人間の指は一日のうちにサイズが変化すると言われています。一般的にサイズが変わりづらく最も細いと言われる時間帯は10時~16時くらいの間と言われています。

また手指が冷えていると指は細目になります。季節的には気温の低い冬が一番細い時期のようです。またお酒を飲むとむくむ人も多いようです。

指輪のサイズを測る際の注意点

上記のように、指のサイズは時間帯や季節によって変化をするので、それを考慮したサイズ測定が大切です。

例えば冬場の午前中にぴったりのサイズのリングを選んでしまうと、きつく感じる時が出てきてしまうということです。

指輪のサイズを測る際は、午前と夕方など、細いときと太いときの2回測るのが理想的ですね。

また、指輪のデザインや幅によってもサイズ感が変わってきます。同じ号数でも幅広やボリュームのあるデザイン、平打ちの指輪などは、通常のサイズではきつく感じることがあります。逆に幅が細いものや内側がなめらかな指輪は、通常のサイズではゆるく感じることもあるでしょう。

この問題を解決するには、購入を考えている指輪そのものを試着することが一番です。リングゲージを使って測定する場合は、欲しいリングのデザインに合わせたリングゲージを使うことが大切です。

婚約指輪のサイズ測定の注意点

婚約指輪で特に注意したい点は、デザインを考慮したサイズ感です。婚約指輪はソリティアタイプなど、センターストーンを強調したデザインが多いかと思います。

そこでゆるめの指輪を選ぶと、指輪がまわってしまって不便を感じるため注意が必要です。結婚指輪のように中心がないデザインのリングであれば多少ゆるめのサイズ感でも問題はないのですが、デザイン性を重視することが多い婚約指輪についてはできればジャストサイズを選びたいところです。