ダイヤモンド以外の婚約指輪を選ぶコツ


婚約指輪にはダイヤモンド以外は考えられないという人がいる一方で、他の指輪を選ぶ人もいます。彼女の誕生石を中心にした指輪も婚約指輪としてスタンダードですし、二人の思い出などを象徴するようなデザインにすることも考えられます。ここでは、ダイヤモンド以外の婚約指輪を選ぶコツを見てみます。

色石を中心にしたデザイン

彼女の好きな宝石や誕生石、二人の思い出を象徴するような色の宝石などを使った婚約指輪です。このタイプは、ファッションリングとして普段も使えますし、ちょっとしたお出かけにも重宝します。また結婚指輪と重ね付けするのにも抵抗がありません。婚約指輪であることを考えると、中心石の周りに小粒で品質の良いダイヤをあしらったり、エターナルリングのように周囲を囲んだりすると、単なるファッションリングではない特別感をプラスできます。

デザイン重視の金属の指輪

結婚指輪のような金属の指輪です。平打ちやV字、波のデザインなどそれぞれですが、結婚指輪と合わせる時の相性は抜群です。内側に小さな色石を埋め込んだり、模様を全体にあしらったり、メッセージをデザインして全体に彫り込んだりなど、様々な工夫ができます。このタイプの婚約指輪を買うなら、一緒に結婚指輪も購入して、一本ずつでも二本でも便利に使えるように選ぶと良いでしょう。