彼女のタイプ別で見る婚約指輪の渡し方


さて、結婚を決意して、婚約指輪を彼女に内緒で用意して、後はいよいよ渡すばかりになったとして、あなたならどんなプロポーズをしますか?プロポーズの仕方を間違えて、彼女の夢を壊してしまうのだけは絶対避けたいですね。

彼女がロマンチックなタイプなら

夜景の見えるレストランで指輪の箱を開けて、「結婚してください」と、彼女の目を見ながら静かに言いましょう。あるいはドライブに行った海岸で、波の音を聞きながら、さりげなく「結婚しよう」と指輪を彼女の指にはめてあげましょう。彼女がロマンチックなことが好きなら、プロポーズには絶対ロマンチックな背景が必要です。

彼女が照れ屋なら

辺りに人がいてはいけません。誰もいない場所を選んで、当然のような態度で指輪を渡しましょう。あまり恥ずかしい思いをさせると逃げられる恐れがあります。返事もせかさないで、態度で判断するとか、じっくり待った方がいいかも。

彼女が現実的なタイプなら

できれば一緒に選びたかったというかもしれないので、もし気に入らなければ違う指輪を選びなおすくらいの覚悟はしておいた方がいいでしょう。でも、あなたが真剣に結婚を申し込めば、それは理解してくれるはずです。このタイプには、「結婚して欲しい」とはっきり言うのがポイントです。