やっぱり婚約指輪は給料の3ヶ月分なの?


世界中のダイヤモンド市場を独占するデ・ビアス社が、1970年代に日本で展開したキャンペーンに、「婚約指輪は給料の3か月分」というのがありました。当時の結納金がそのくらいだったため、と言われています。そのキャンペーンはしっかり日本中に浸透し、婚約指輪は給料の3か月分が常識になりました。
しかし最近では、婚約指輪よりも結婚指輪にお金をかけたいし、生活に関係ない婚約指輪にそれほど出せないという意見も多く、一番多い価格帯は30万円くらいと言われています。

男性側でも女性側でも、「給料の3か月分」はすでに主流では無くなっているのです。
しかし、「絶対に3か月以上の指輪でないと嫌」という人も少なからずいます。これは個人的な感覚ですので、正しいとか、正しくないとかの問題ではありませんし、普段の意見はともかく、その場になってみないと実際のところは分からないものです。
「指輪が自分の希望より安かった」「金銭感覚が合わない」ということでカップルがもめる場合もありますので、くれぐれも「そんな物」だとか「無駄」だとか、「どうしても大きな一粒ダイヤ」だとかの言葉は一旦飲み込んで、お互いに歩み寄れるところを探すようにしたいものです。