婚約指輪は一緒に選んだほうがいい?


男性が婚約指輪を差し出して「僕と結婚してください。」

そんなシチュエーションに憧れますか?それとも、どうせなら二人で仲良く結婚指輪を選びに行きたい?

婚約指輪は結婚指輪と違い、通常、男性が女性に贈ります。ペアになっていないし、「贈る」ものなので、以前は男性側が選んで渡していました。
場合によっては、男性側の親御さんから、お嫁さんになる女性へと結納品の一部として渡されることもあったのです。

ですが、最近の風潮としては、結婚が決まってから二人で選ぶことが多くなっています。その場合は、指輪を差し出されてプロポーズされる、はじけるような驚きと喜びの瞬間はありませんが、結婚が決まって夢のような気持ちで、たくさんの宝石が並んだ中から、自分のための指輪を、彼と一緒に、たった一つ選ぶという至福が待っています。

男性側では、この時、彼女に似合うものを一緒に選んであげる、もちろん、彼女の意見が一番だよ、という立ち位置が必要です。払うから自分で選んでいいよ、というのでも、だめです。

女性によっては、指輪なしのプロポーズは許せないという女性がいます。それとは反対に、差し出された指輪を見て、選びたかったのに自分の好みが無視されたと、怒ってしまう人もいます。男性には、これからプロポーズしようとしている彼女がどちらのタイプなのか、良く見極める必要がありますね。