婚約指輪の傷や汚れを防ぐには


大切な婚約指輪。間違っても傷をつけたり汚したり、したくはありません。
では、大切な指輪を傷や汚れから守るために、どんなことに気をつけたらいいでしょうか。

まめなお手入れ

指輪は使っている間に汚れが溜まってくるものです。汗は拭き取り、汚れは中性洗剤で(台所用洗剤や洗濯用洗剤のうち、中性のもの)優しくすすぎ洗いをします。強くこするのは良くありません。

保管の前には良く見る

もし日常使わないで保管するようなら、保管期間にもよりますが、できれば買ったお店でクリーニングしてからしまうと良いでしょう。クリーニングに出さない場合は、傷や汚れがないか良く見て、柔らかい布で拭いて、中性洗剤で洗ってからよく乾かして、それからしまいます。傷があれば販売店で相談して、磨き直しなどを検討します。

薬品から遠ざける

肌のお手入れや食器洗い、洗濯など、日常の行動で薬品や油分が付着します。デリケートな金属や石を使っている指輪は、薬品が付着しそうな時にはできるだけはずしましょう。また、強い力がかかる時には変形するおそれがあるので、荷物を持ったり、引越しの時にはやはり外しましょう。
絶対なくさないようにして下さい。
指輪はほんのちょっとしたことで、輝きを長く保つことができます。思い出の品を曇らせないように、ちょっとだけ気をつけましょうね。