婚約指輪の失敗談


彼女との結婚を決心したら、具体的に考えることの一番初めはプロポーズの仕方、そして婚約指輪をどうするか、でしょうか。結婚はお金のかかるイベントです。そしてその一番初めに出る大きな出費が婚約指輪です。それだけに女性側でも期待が大きいので、気を使わないと、ちょっとしたことでがっかりさせてしまいます。ここでは、やってしまいがちな判断ミスなどの失敗談をあげてみました。

ダイヤならいいだろうと思った

とにかくダイヤなら良いだろう、一粒ダイヤなら文句ないだろう、と考える人がいますが、それは相手の女性によります。相手の女性が別の希望を持っていた場合、他のどんな指輪も失敗になります。

分からないから人に選んでもらった

自分では指輪なんか分からないからと、お母様やお友達に選んでもらった物を上げる人がいますが、せめて分からないなりに自分で選びましょう。指輪の好みは人それぞれです。人に選んでもらった指輪は、それだけで嫌がる人もいます。

サイズが合わなかった

サプライズで渡したところ、全くサイズが合わなかった。そんな場合、もしサイズ直しが出来ないデザインだったら、最悪買い直しをすることにもなりかねません。

彼女と選びに行ったが考えている額が全く違った

彼女が自分で選びたいというので一緒に行ったら、とんでもない額の指輪を見に行くのでもめてしまった。

婚約指輪は男性から女性に贈られるものですが、最近では女性側でも選びたいという人が増えています。二人で選びに行く前に、予算や好みのすり合わせをしておきましょう。もしサプライズで渡そうと思っているのなら、普段からサイズや好みを知る努力をしないと失敗する確率が高くなります。