婚約指輪のお返しは必要?


憧れの婚約指輪。もらったらお返しが必要ってご存知でした?もちろん、カップルの事情はそれぞれですので、「お返しなんて話も出なかった」ということもあるでしょう。
しかし、婚約指輪をもらった女性が、男性からあるいは男性側の親族から「お返しは?」と聞かれた時に「知らない、いらないでしょう?」と言い放ってしまっては、大変失礼なことになります。

結納をする時には、男性から贈られる結納品の中に婚約指輪は含まれ、女性側からはそれに対して何割かのお返しをするものです。お返しの金額や内容は両家の考えで大分違いますので、一概にこう、ということは出来ませんが、最近では結納その物をしなくなってきているので、お返しもかなり自由度が高くなっています。
結納のお返しをしたら、自動的に婚約指輪のお返しも含まれますのでそこで済みますが、結納をせずに婚約指輪だけをもらった場合は、お返しをすることになります。婚約指輪のお返しの意味は結納返しと同じなんですね。

ただし、それも結婚する二人の意思で決定することですので、二人でお返しが必要ないとなったらそれで構いません。ですが、女性側でも男性に婚約の記念として一生残るような物を贈りたいと考えるのは自然なことですし、女性が婚約指輪を楽しみにしているように、男性もお返しを楽しみにしているかも知れません。お返しには、婚約指輪の半額程度くらいまでの時計やネクタイピンなどの装飾品や、常々欲しがっているものがあって長く使えるような物なら、それを贈ると思い出に残って良いかも知れません。できれば最初に婚約指輪を購入する時からお返しについても話しあっておくと、後でもめごとにならずにすみます。