金属アレルギーの人の婚約指輪選び


金属アレルギーがある人は、アクセサリーをつけているところが赤くなったり、その付近にぶつぶつが出たり、あるいは全身にかゆみが出たりします。金属が触れた所だけでなく、アレルギー症状がどこに出るか分かりません。
また、金属アレルギーは花粉症と同じように、突然なってしまうことがあります。

金属アレルギーのある人はアレルギーの出にくい素材の指輪を選び、汗をかいたらすぐ拭き取る、アレルギーが出ないように指輪にコーティング剤を塗るなどの工夫が必要です。コーティング剤は薬局などで購入することが出来ますので、試してみて下さい。

金属アレルギーが出やすい素材は、銀や銅、ニッケルやコバルトなどがあります。さびが出るような金属はアレルギーも出やすいと覚えて置くと便利です。

反対に金属アレルギーが出にくい素材もあります。金やプラチナ、チタンやイリジウムなどは比較的金属アレルギーが出にくい素材と言われています。レアメタルや、金やプラチナなどの貴金属は汗などに溶け出しにくいので、アレルギーも起こりにくいようです。それらの素材の指輪でも、外側に別の金属が加工されている場合もありますので、購入前に素材などは一点ずつ確認する必要があります。

ただし、アレルギーがひどい場合には、無理をせず、指輪以外の物を婚約の記念にすることなども考えてみると良いかも知れませんね。二人の婚約の記念ですので、新居に飾る時計や置物など、長く残る物を選ぶと良いでしょう。