婚約指輪は絶対必要ですか?


以前は、婚約指輪は、プロポーズの時に差し出すか、結納の時に結納品と一緒に男性から女性に渡されるのが一般的でした。

しかし最近では、結納そのものをしないカップルも増えましたし、もらうなら自分で選びたい、という女性も増えて来ました。また、あまり使わない指輪よりも旅行や結婚式に費用を回したいという考えも増えて来ましたので、婚約指輪を買わないという選択肢も出ています。そういう訳で、現代では婚約指輪は、結婚前に絶対に必要な物ではなくなっています。

 

結婚は、結婚をする二人の間の問題ですが、両親はそうは思わない場合もあります。絶対に大きな立て爪のダイヤのリングでなければ、という考えの人もいますので、それ以外の場合には、婚約指輪をどうするか、自分たちの考えを、さりげなく伝えて置く気遣いは必要になります。

婚約指輪は、家や車を除くと、一生で一番高額な買い物になる可能性もあります。結婚するとなかなか自分のために使うお金はありませんから、記念に買う、あるいは買ってもらうという女性もいます。

何より大事なのは結婚する二人で決める、ということ。

まず、自分たちはどうしたいかを良く話し合って、納得の一品を選びましょう。