20代の婚約指輪っていくらぐらいが相場なの?


20代で結婚する人は、婚約指輪の購入金額の相場が30万円から40万円くらいと聞いたらびっくりしてしまうでしょう。しかし、これは全体の平均なので、20代に限るともう少し価格帯が下がり、20万円から30万円くらいです。ちょっと安心しますね。

結婚指輪ではあまり年収と購入金額の関係がはっきりしませんが、婚約指輪では年収の8%くらい、というのが最近の目安になっています。

ですから、同じ20代といっても就職したばかりの20代前半と、数年経っている20代後半では10万円近い開きが出てしまいます。

年収が250万円なら婚約指輪は20万円、400万円なら32万円というのが目安になります。

しかし、これはあくまで一般的な目安で、婚約指輪の購入金額は地域的な差もあり、慣習や流行でも大きく変動します。

一番大事なのは、結婚するカップルの意向ですので、周りの意見や雑誌に出ている相場ばかり気にしないで、納得できる物をふたりで選ぶことが大切です。