結婚指輪と婚約指輪の違い


エンゲージリングって結婚指輪じゃないの?という旦那様のために

 

結婚を意識し始めると、頭をちらちらとかすめるのが「プロポーズには三か月分の指輪」という有名なあのフレーズです。しかし、勇気を出して宝石店に入っても、種類が多すぎて、何が何だか分からない、そもそもアクセサリーショップと宝石店の違いも分からない、マリッジリングとエンゲージリングが別の物だということすら知らない人もいるのではありませんか?

結婚する時には通常、婚約指輪とペアの結婚指輪、二種類・合わせて三本の指輪を用意します。

婚約指輪はエンゲージリングと呼ばれ、大き目の石が付いた豪華な指輪が一番多く選ばれています。以前はプロポーズの時か結納の時に男性から女性に贈られました。最近は結納をしないカップルもいますし、指輪は二人で選びたいという女性側の要望もあるので、渡すタイミングは中々難しいようです。

結婚指輪はマリッジリングとも呼ばれます。毎日つけることを意識して宝石はなしか、または内側に小さな物を付けます。

結婚指輪と婚約指輪でセットになるデザインのものもあり、そういったデザインは、特別な場でも毎日でも使えます。